「がんがいい」なぜ?(写真はイメージ)

写真拡大

 医者に「がん」と宣告され、「なぜ自分が」と目の前が真っ暗になる──そんなイメージが伴うのは、がんが「死」に直結する病だからだろう。

 生涯でがんにかかる人の割合は、日本人全体で53.9%。さらに男性に限れば61.6%と、実に6割以上に及んでいる(がん研究振興財団『がんの統計2017年版』)。いまや“なって当たり前”の病だ。これほど身近な病気であるにもかかわらず、「痛い」「苦しい」「怖い」といった印象はいまだ根強い。

 しかし、実は「がんで死ぬのは怖くない」という医療関係者は多い。その理由のひとつは、患者が想像しているほど「痛い病気ではない」ということだ。『痛くない死に方』などの著書がある、長尾クリニック院長の長尾和宏医師が語る。

「がんの痛みは年齢によって異なり、年をとればとるほど穏やかになります。主に末期の患者に投与する、痛みを和らげるためのモルヒネについては、若い人なら100%必要ですが、高齢者になると半分程度に減るのです」

 がんの部位によっても痛みは異なる。特に痛みが少ないといわれるのが「肝がん・腎臓がん」だ。

 肝臓や腎臓は他の臓器に比べて痛覚があまりなく、発見後から短期間で亡くなるケースがみられるため、転移や合併症がなければ痛みも少ないといわれる。後述するが、がん治療は末期でも緩和ケアで痛みをコントロールしやすいため、のたうち回るような最期を迎えるケースは少ない。

◆とにかく痛く苦しい病気は何か?

 一方で、苦しい最期を迎えるといわれる病気が「肺炎」だ。肺炎は2015年の人口動態調査では日本人の死因で3位に入り、年間約12万人が亡くなっている。そのうち75歳以上の高齢者が9割以上を占める。

 誤嚥性肺炎が元となり78歳の夫を亡くした女性は、亡くなる直前の夫の様子をこう話す。

「肺炎と診断された主人は39度前後の高熱で意識がもうろうとなっていました。呼吸が苦しいため、一生懸命息を吸っているのですが、苦しそうな顔が和らぐことがない。そんな状態が1週間以上続くこともありました」

 心不全もまた、“痛い病気”として知られている。心臓のポンプ機能が低下して全身に十分な血液を送り出せなくなるこの病気は、主に高血圧や心筋症の末期症状とされるが、肺の血流が悪化して肺水腫を併発すると、地獄の苦しみが待っている。

 肺に水が溜まって呼吸困難に陥り、脈も乱れ、手足は痺れる。そうして死の直前まで呻き苦しむケースが散見されるという。

 急性心筋梗塞も「バットで強打されたような痛み」が胸に走り、患者はもがき苦しみながら死んでいく。

 単純に比較することはできないが、がんはこれらの病気に比べて、“穏やかな最期”を迎えやすい側面がある。もちろん、全てのがんが「痛くない」というわけではない。骨転移や神経を圧迫する部分のがんであれば痛みを伴うケースもある。

 しかし、かつては切除や治療が困難と言われた部位のがんであっても、現在の技術であれば治療が可能な場合も増えている。痛みを和らげるための緩和ケアも充実している。そうした「治療技術の革新」によって、がんの痛みや治療時のつらさも軽減されるようになってきた。

※週刊ポスト2018年12月21日号