男児重傷…ひき逃げの男逮捕 無免許だった

写真拡大

7日、埼玉県狭山市の県道で、小学生の男の子が車にはねられ重傷を負ったひき逃げ事件で、会社員の男が逮捕された。男は無免許だった。

7日午後4時半すぎ、狭山市の県道の交差点で、小学生の男の子(7)が、車にはねられ重傷を負うひき逃げ事件があった。

警察によると、8日午前8時ごろ、朝霞警察署に「狭山であったひき逃げは、夫のようです」と話す妻に付き添われて、男が出頭したという。

男は朝霞市に住む会社員・吉田信介容疑者(40)で、ひき逃げなどの疑いで逮捕された。吉田容疑者は、「無免許で事故を起こし、逃げたことに間違いはありません」と容疑を認めているという。