カナダで逮捕された華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟CFO。EYEPRESS NEWS提供。(c)EyePress News / EyePress

写真拡大

【AFP=時事】中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)の孟晩舟(Meng Wanzhou)最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕された事件で、孟容疑者が米当局から詐欺行為の疑いを掛けられていることが、7日に行われた保釈審問で明らかになった。孟容疑者は、秘密子会社を通じて対イラン制裁に違反する取引を行っていた事実について、金融機関に虚偽の申告をしたとされる。

 裁判所に保釈請求却下を求めるため審問に参加したカナダ政府側の弁護士は、孟容疑者には「複数の金融機関に対する詐欺行為を企てた」疑いが掛けられており、裁判で有罪となれば30年以上の禁錮刑を言い渡される可能性があると説明した。

 弁護士によると、孟容疑者は米金融機関にファーウェイとスカイコム(SkyCom)の2社の間には直接の関係はないと説明していたが、実際には「スカイコムはファーウェイだった」という。スカイコムによる対イラン制裁違反は2009〜14年の間に行われていたとされる。

 弁護士はまた、孟容疑者がこの問題に対する捜査を察知して以降、米国入国を避けていたことや、カナダとのつながりがないこと、財力と人脈が豊富であることから、逃走の恐れがあると主張した。

 孟容疑者は今月1日、香港からメキシコに向かう途上、カナダのバンクーバーで航空機を乗り継ごうとした際に、米当局からの身柄引き渡し要請に基づき逮捕された。
【翻訳編集】AFPBB News