2015年に中国・上海で拘束され、スパイ罪で起訴された57歳の日本人女性に対し、中国の裁判所は7日、懲役6年と、日本円でおよそ80万円を没収する実刑判決を言い渡した。

女性に対する一審判決で、中国の法律では、10日以内に上訴できるという。当時、女性がどのような行動をとっていたのか、明らかになっていない。