米国時間12月6日(木)に第76回ゴールデン・グローブ賞ノミネーションが発表され、映画『万引き家族』が外国語映画賞にノミネートされた。

既に公開スタートから6ヶ月目を迎え、動員数3,703,954人、興行収入4,531,250,228円(12月5日時点)という、是枝監督作品最大の興行収入を記録している、現在も全国で大ヒット公開中の映画『万引き家族』。

アカデミー賞前哨戦として重要となる同賞は、ハリウッド外国人映画記者協会の投票により選出される映画賞で、日本映画では2013年宮崎駿監督の『風立ちぬ』以来のノミネートとなる。なお、実写映画としてノミネートされるのは第48回(1990年度)の『夢』(黒澤明監督)以来、28年ぶり。授賞式は2019年1月6日(現地時間)に開催され、受賞すれば第17回(1959年度)で外国語映画賞を受賞した市川崑監督の『鍵』以来、半世紀以上ぶりのゴールデン・グローブ賞獲得となる。

映画『万引き家族』は大ヒット公開中

©2018 フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド