映画『Beautiful Boy(原題)』に出演しているティモシー・シャラメが、第76回ゴールデン・グローブ賞で助演男優賞にノミネートされた。

アカデミー賞最優秀脚色賞受賞、主要4部門にノミネートされた『君の名前で僕を呼んで』で、世界中の映画ファンを魅了したティモシー・シャラメ。映画『Beautiful Boy(原題)』は、ドラッグ依存を克服し、現在はNetflixの人気ドラマ「13の理由」の脚本家として活躍する人物の半生を描いた実話に基づく物語。

オスカーを占う賞レースの中でも、特に注目を集めるゴールデン・グローブ賞。第76回ゴールデン・グローブ賞ノミネーションで、ティモシー・シャラメが助演男優賞にノミネートされた。賞レースを牽引する注目作として、アカデミー賞ノミネートにもさらなる期待がかかる。

映画『Beautiful Boy(原題)』2019年4月、TOHOシネマズシャンテ他にて全国公開

(C)2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC.

映画ランドNEWS - 映画を観に行くなら映画ランド