漫画を無料配信するウェブサイト「マンガBANG!」の運営会社が漫画家から了承していないと抗議を受け、一部サービスを中止していたことが7日、分かった。漫画家の代理人を務める中島博之弁護士が明らかにした。この漫画家を含めた日本文芸社(東京)の300作品、千冊以上が無料配信の対象になっていた。

 中島弁護士によると、この運営会社は「Amazia」(同)。マンガBANG!には、日本文芸社が出版した漫画が販売ページと無料ページの双方に掲載されており、弁護士は日本文芸社にも説明を求めていた。