ルイス・バルブエナ内野手

写真拡大

 エンゼルスで大谷翔平投手(24)と同僚だったルイス・バルブエナ内野手(33)が7日(日本時間同日)、母国ベネズエラで交通事故のため死去したと地元メディアが伝えた。メジャー通算114本塁打の同内野手は昨季からエ軍でプレー。今年8月に自由契約となるまで、今季から加入した大谷とチームメートだった。

 同乗していた元パイレーツで、横浜(現DeNA)、ロッテにも所属したホセ・カスティーヨ元内野手(37=パイレーツなど)も死去。同乗していた元レッドソックスで、昨年ヤクルトでプレーしたカルロス・リベロ内野手(30)は命を取りとめた。