国会議事堂(写真=中央フォト)

写真拡大

60代男性が裸で国会議事堂で乱暴を働いて警察に逮捕された。

ソウル永登浦(ヨンドンポ)警察署は7日午前7時7分ごろ、国会議員会館の前で裸で暴れた疑い(建造物侵入および公然淫乱罪)でA氏(61)を現行犯に逮捕し、調査していると明らかにした。

警察によると、A氏は逮捕当時、酒に酔って「大統領・検察総長・国会議長・大法院長をみな殴り殺さなければならない」と声を張り上げて管を巻いていた。

警察は調査を終えた後、A氏の身辺処理を決める予定だ。

一方、これに先立ち、先月23日には国会議事堂で裸デモを行っていた男性B氏が公然淫乱罪の違反で逮捕された。

B氏は国会国旗掲揚台の後ろで服を脱いだ後、本館に移動して国会状況室の勤務者に発覚された。B氏は「刑務所で苛酷行為にあった。裁判所に話しても聞き入れてくれなかった」と述べたと伝えられた。