画像提供:マイナビニュース

写真拡大

グローバルウェイは12月7日、「40代が働きやすい企業ランキング」を発表した。同ランキングの調査対象は、『日経業界地図 2018年版』(日本経済新聞出版社)に記載があり、 対象期間中に「キャリコネ」に40代のユーザーから10件以上の評価が寄せられた企業を対象にしたもの。

同ランキングは、キャリコネ」の40代のユーザーによる「労働時間」「やりがい」「ストレス」「休日」「給与」「ホワイト度」の6項目の評価の平均点(総合評価)を集計した。

ランキングの上位には、 家族との生活に関係する「給与」「休日」といった項目と、 自身の充実感・達成感に結び付く「やりがい」が高評価な企業がランクインしたという。

第1位は、リクルートホールディングスだった(総合評価3.98)。「自由で素晴らしい社風。 上からの押し付け的な教育はなく、 自分はどうしたい?という問いを常に求められる。 お客様との関係のなかで自然に成長できる。 事業ごとのコンセプト、 ビジョンも明確。 イベントも多く、 他事業部とのつながりも充実」(企画営業/40代前半男性/年収850万円/2013年度)といったクチコミが寄せられている。

第2位は、日本マイクロソフトだった(総合評価3.96)だった。「外資系のなかで、 年収のうち基本給の占める割合が高いが、 インセンティブ制度も充実している。 卓越した実績を出せば、 非常に高い額のインセンティブを獲得することも可能である。 また特定期間の売上により、 さらなるインセンティブが設けられることもある。 また、 四半期、 半期での社内表彰の制度もあるため、 難易度としては高いが、 所属組織、 会社への貢献度が高ければ、 表彰のみならず報奨金も与えられる」(代理店営業/40代後半男性/年収1200万円/2015年度)といったクチコミが寄せられている。

第3位は、ソニーだった(総合評価3.83)。「みんなで頑張るムードがあり良かったです。 有休は取りやすいです。 子どもがいる方には最適な職場ですね。 何でもできる風土で楽しかったです」(営業企画/40代前半男性/年収1000万円/2011年度)といったクチコミが寄せられている。