【ニューヨーク時事】中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)が米国の要請でカナダ当局に逮捕された事件で、米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は6日、英金融大手HSBCホールディングスの監査担当者が、華為の口座の「疑わしい取引」を米連邦検察に伝えていたと報じた。

 米当局は対イラン制裁違反の疑いで華為を捜査しているという。

 HSBCは2012年、イランなど制裁対象国関連の取引への関与を認め、米当局に約19億ドルの罰金を支払うことで合意した。マネーロンダリング(資金洗浄)など違法性のある取引を当局に報告する監査担当者を外部から招くことも義務付けられていた。