離婚が遅れたのにはワケがあった

写真拡大

 突如として発表された元貴乃花親方(46才)と河野景子さん(54才)の離婚。“卒婚”としてきれいに幕を下ろしたかのように見えた2人の様相は泥沼化している──。

 貴乃花部屋は2016年に、東京・中野区から江東区に移転した。その後、貴乃花は部屋で弟子たちと寝食を共にし、景子さんは品川区にある自宅を生活拠点としながら、女将さんとして部屋に出入りしていた。いうなれば、別居状態となっていたのだ。

「長い別居の末、とっくに夫婦関係は破綻していた」と関係者は口を揃える。ではなぜ早々に離婚しなかったのか。

「角界の改革を掲げ相撲協会理事長を目指していた親方と、理事長夫人を夢見ていた景子さんの夢は、はからずも一致していた。しかし2月に理事長選にやぶれ、ほぼその夢はなくなった。そのタイミングでもよかったが、そこで貴乃花が何より気にしたのは目に入れても痛くない2人の娘のことでした」(相撲担当記者)

 今回の離婚騒動では、長男の優一(23才)ばかりがクローズアップされるが、貴乃花と景子さんには、高校生の長女と、中学生の次女がいる。

「花田家の教育方針は、“狭い日本で学歴にとらわれるより、早く海外に出て生きるための技を身につけよ”というもの。実際に優一さんは名門私立高校を卒業後、エスカレーター式で大学に進学する道を断ってアメリカに渡り、その後イタリアで靴職人の修業をしました。姉妹も兄を見習って現在アメリカに留学中です」(花田家の知人)

 その娘の留学が離婚の時期を決めたという。

「実は今年2月に長女が渡米しています。それでも次女がいたので、親方が離婚を言い出すことはなかった。その次女がこの9月に留学しました。親方としては、過熱が予想された離婚騒動に娘たちを巻き込みたくなかった。娘の留学時期が決まった時から、9月に次女が旅立ったら景子さんに伝えようと決めていたそうです。もちろん娘2人には親方自ら離婚について知らせていました」(前出・花田家の知人)

 長女、次女は、これまで景子さんと自宅で生活してきた。しかし、親権は貴乃花が持つ。

「年頃の娘さんたちの名字が変わらないようにと配慮したようです。来年、姉妹はそれぞれ留学先から帰国する予定ですが、その後は生活面を考えて景子さんとともに暮らすことになるでしょう」(前出・花田家の知人)

※女性セブン2018年12月20日号