ソフトバンク&ワイモバイルの携帯電話などの音声通話で障害!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は6日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile」が通信障害によって2018年12月6日(木)13時39分頃から一部地域で利用しづらい状況となっており、同日15時30分時点において全国で利用できないもしくは利用しづらい状況となっているとお知らせしています。

その後、同日18時4分に復旧したと案内しており、原因は全国をカバーする4G(LTE)に関連するエリクソン製の交換設備のソフトウェアに異常が発生したことによる不具合とし、ソフトバンクでは利用者に多大なる迷惑と不便を掛けたとしてお詫びしています。

なお、ソフトバンクの固定電話サービス「おうちでんわ」やソフトバンク網を利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)における携帯電話サービスでも同様の状況となっていたほか、ソフトバンクのワイヤレス通信サービス「SoftBank Air」では一部地域でご利用できないまたはご利用しづらい状況が発生していたとしています。

電気通信役務の区分時間影響範囲
1緊急通報を取り扱う音声伝送役務1時間3万
2緊急通報を取り扱わない音声伝送役務2時間3万
1時間10万
3利用者から電気通信役務の提供の対価としての料金の支払を受けないインターネット関連サービス(音声伝送役務を除く)24時間10万
12時間100万
41〜3までに掲げる電気通信役務以外の電気通信役務2時間3万
1時間100万

障害はSoftBankおよびY!mobileの4Gを利用した携帯電話サービスが全国で利用できないまたは利用しづらい状況となり、これに伴って3Gを利用した携帯電話サービスでも輻輳が発生して利用しづらい状況が発生したもの。

これにより、ソフトバンクの携帯電話回線を利用しているおうちでんわやSoftBank Air、MVNOでも利用できないもしくは利用しづらい状況が発生したほか、ソフトバンク系の決済サービス「PayPay」でもアプリが起動できない問題、SoftBank・Y!mobileなどの利用者はモバイルSuicaなどのチャージができない問題など、多くの影響が出ていました。

原因はソフトバンク回線の全国をカバーする東京センターおよび大阪センターに配置してあるエリクソン製MME(通信設備)の全台数でソフトウェアに異常が発生したためとのことで、異常が発生したソフトウェアを9カ月前から運用していましたが、ソフトウェアを旧バージョンに戻すことで復旧を行ったとのこと。

またソフトバンクによれば、異常が発生したソフトウェアはエリクソンの通信設備を使用する海外の11カ国の他の通信事業者においてもほぼ同じ時刻に同様に発生しているとエリクソンから報告を受けているとしています。

なお、ソフトバンクでは今回の障害における影響数は調査中としていますが、総務省が定める重大事故に相当しそうな3時間超の障害となり、重大事故では発生から30日以内に詳細な報告書を総務大臣に提出する必要があります。ソフトバンクでは今年2月に9時間超、今年4月に3時間超の障害を起こしており、1年に3回の重大事故となります。

ソフトバンクでは今回、このような大規模な障害が発生したことを重く受け止め、エリクソンと共同で徹底した再発防止策を図り、サービスの安定的な運用に向けて全力で取り組んでいくということです。





記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・障害 関連記事一覧 - S-MAX
・携帯電話サービスにおける通信障害の復旧について | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク
・【復旧】携帯電話サービスにおける通信障害について | モバイル | ソフトバンク
・【復旧】携帯電話サービスにおける通信障害について|障害情報|お知らせ|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
・ソフトバンク回線がご利用できない状態が発生しています(12/6 19時) : LINE MOBILE 公式ブログ
・mineoユーザーサポート|【S】2018年12月06日 全域エリアでのmineo(Sプラン)障害発生のお知らせとお詫び