インスタ初投稿は、まさかの『スパイダーマン』ネタ!(ジェイク・ギレンホール公式Instagramのスクリーンショット)

写真拡大

 俳優のジェイク・ギレンホールが現地時間5日にInstagramをはじめ、以前から報道されていた映画『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』への出演を匂わせる動画を投稿した。

  The Hollywood Reporter などの海外メディアは今年5月、ジェイクが『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のヴィランとなるミステリオ役で出演交渉に入っていると報じていた。しかし、同作のタイトル発表後も彼の出演は正式発表されておらず、しばらく音沙汰がなかった。

 そんな中投稿された動画は、ミステリオが登場する「スパイダーマン」の原作コミックを読むジェイクの姿を収めたもので、コミックを読んだ彼は驚いた表情で「おい、なんてこった……」とつぶやく。またキャプションには、「僕がスパイダーマンを演じていないことに、今気がついた」とつづられている。

 ちなみに、ジェイクは過去に、別作品の撮影で負傷してしまったトビー・マグワイアの代役として『スパイダーマン2』に出演するのではないかと報じられたことがある。今回の投稿は、そういった過去の報道も含めて自虐する内容と捉えることもできる。

 この投稿に対して、同作のキャストであるゼンデイヤや、マーベルヒーローを演じているマーク・ラファロ、ライアン・レイノルズがコメント欄で反応。さらに映画の公式アカウントも困った顔の絵文字でリアクションしている。

 前作『スパイダーマン:ホームカミング』に引き続きトム・ホランドが主演を務める同作は、主人公ピーター・パーカーの夏休みが描かれるとも言われている。また、マーベル・シネマティック・ユニバースでお馴染みのキャラクターであるニック・フューリー(サミュエル・L・ジャクソン)が、マリア・ヒル(コビー・スマルダーズ)と共に登場するとVultureが報じている。映画は2019年7月5日に全米公開予定で、日本でも2019年公開予定。(編集部・倉本拓弥)