上白石萌歌がHYの名曲「366日」歌う、歌声に絶賛

写真拡大

女優の上白石萌歌(18歳)が12月6日、公式ブログを更新し、自身が出演する「キリン 午後の紅茶」の最新テレビCMについて「私にとってはCMというよりも寧ろ、1つの作品のように感じます。今まで丁寧に紡いできた物語が終わってしまうのが寂しいなぁ」と、想いを明かした。さらに、ファンからはCMで披露した上白石の美声に「音源化ないのかな?」「素晴らしい」と反響を呼んでいる。

「最近のあれこれ」と題して更新したこの日のブログ。「お久しぶりです 長らく更新ができずスミマセン 完全に滞っておりました わたしは元気です」と挨拶からスタートすると、「まずは、浪漫活劇『るろうに剣心』大阪松竹座で無事に大千穐楽を迎えることが
出来ました」と報告。

「全49公演、走り抜けた!!とてもいいラストでした。来てくださった皆様一人ひとりの目を見てお礼を言いたいくらいです。薫が見せてくれる景色があまりにも美しくて、毎回驚いていました。体に染み付いた台詞も歌も、全て愛おしいです。早霧せいなさんをはじめ、素晴らしいキャスト、スタッフの皆様と一つの作品を作っていけたこと、そして小池修一郎先生にご指導いただいたこと、一生の財産です」と、約1か月にわたる公演を振り返りながらキャストやスタッフなどに感謝を述べ、「次のステップに進むぞ〜〜ありがとう 神谷薫」と、自身が演じた神谷薫にもメッセージを送った。

続けて、菅田将暉が主演する来年1月6日スタートの日本テレビ系連続ドラマ「3年A組 ―
今から皆さんは、人質です―」(毎週日曜22時半〜 ※初回22時〜放送)に出演することが発表されたことについて触れると、「景山澪奈という女の子を演じます。大きな秘密を抱えた彼女とどう向き合っていこうか、考えながら役作りしている最中です」とつづり、「同世代の演者の皆さんとエネルギーをぶつけ合ってお芝居できること、今からとても楽しみに思います。初回は30分拡大!是非ご覧ください!」と呼びかけた。

さらに、上白石が出演している12月5日より全国にて放送スタートした「キリン 午後の紅茶」のテレビCMシリーズの完結編「あいたいって、あたためたいだ。18冬」篇については、「2016年から始まった大好きなこのシリーズもついに完結。私にとってはCMというよりも寧ろ、1つの作品のように感じます。今まで丁寧に紡いできた物語が終わってしまうのが寂しいなぁ」と本音もポロリ。

本CMで披露した「HY」の名曲「366日」については、「あまりに切なくて、胸が張り裂けそうな歌詞とメロディー。今までの思いをめいいっぱいのせて歌ったつもりです」とつづり、「どうか沢山の方に届きますように。寒い冬を少しでも温められますように」とアピールした。

この投稿にファンからは、「舞台お疲れまでした」「活躍ウレシいな」などの声や、CMで披露した歌声に「歌声、好き」「音源化ないのかな?」「歌が素晴らしい」「このシリーズが終わりというのは少し残念ですね。もっと続きが見たい」との称賛が寄せられている。