ワシル・ロマチェンコ (AP)

写真拡大

 日本時間9日、米ニューヨークでWBA世界ライト級王者ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ、12戦11勝9KO1敗)―WBO同級王者ホセ・ペドラサ(29=プエルトリコ、26戦25勝12KO1敗)の王座統一戦が行われる。

 アマチュアで08年北京五輪、12年ロンドン五輪を連覇、プロでは12戦目で3階級制覇を成し遂げているサウスポーの天才、ロマチェンコ。ペドラサもアマチュア時代には世界選手権準優勝、北京五輪出場の実績を持ち、プロでは2階級で世界王座を獲得している。現代ボクシングの最高傑作ともいわれ、「ハイテク(高性能)」のニックネームを持つロマチェンコか、それとも左右どちらの構えでも戦える「スナイパー(狙撃手)」ペドラサか。注目のライト級王者対決について、元WBC世界バンタム級V12王者、山中慎介氏に見どころを聞いた。

 ――山中さんはロマチェンコに関してどんな印象を持っていますか。

 「今までのボクサーには、あのような動きをする――ダンスみたいに細かいステップで、かつ相手がついていけないリズム。そして、どんどんギアを上げていく――選手がいませんでしたよね。加えてロマチェンコは足が速いだけでなく、もちろんパンチも速い。そして、ここというときには強いパンチも打てる、そんなイメージですね。相手を翻ろうして諦めさせることが多く、一発KOの印象は薄いんですが、ローマン・マルチネス(プエルトリコ)戦のように豪快に倒すこともありますから」

 ――あのボクシングはアマチュア(397戦396勝1敗)経験がベースになっていると考えることができますよね。

 「その戦績はホントかな?と思いますよね(笑い)。オリンピックで連続金メダルでしょう。去年は同じオリンピック連覇のギジェルモ・リゴンドー(38=キューバ)にも勝っているし。どこまで高いレベルの選手なんだと。なかなか苦戦するイメージが湧かない選手ですよね」

 ――数少ない苦戦の1つが今年5月のホルヘ・リナレス(33=帝拳)との試合でした。

 「ホルヘ(リナレス)とは一緒にトレーニング・キャンプにも行ったし、もちろんジムワークでも一緒だったりしたので、ほかの人とは違う感情であの試合を見ました。だから6ラウンドにホルヘがダウンを奪ったときはソファーから立ち上がってしまいました。ロマチェンコが10回TKO勝ちを収めたわけですが、それまではポイントも競っていましたよね(三者三様)。世界チャンピオンのなかでも頭一つ抜けた者同士の対戦だったので、本当に面白い試合でした」

 ――あの試合でロマチェンコは右肩を痛め、試合後に手術しました。今回、その影響は考えられますか。

 「12月に試合をすると決めたほどだから問題はないんじゃないでしょうか。しっかりトレーニングをしているだろうし、だから不安もないのでは。影響はないと思います」

 ――対戦相手のペドラサ(26戦25勝12KO1敗)については、どんなイメージを持っていますか。

 「スーパーフェザー級時代に1敗はしていますが、そのデービス(ジャーボンテイ・デービス=現WBA世界スーパーフェザー級王者)戦でも持ち味は出していたと思います。ペドラサに関しては、第一に“長い”という印象ですね。長いというのは距離のことなんですが、そうではない中間距離や接近戦でもアッパーやフックが打てる選手ですね。タイトルを奪ったレイムンド・ベルトラン(37=メキシコ)戦でも狙いすました左アッパーでダウンを奪っていますから。あれは得意なパンチの1つですね。今回も狙ってくるのではないでしょうか。相手がロマチェンコとなるとそう簡単に当たるとは思えませんが、タイミングがいいので警戒させるだけでも意味があるでしょう」