打倒「フォー・フォース・ウィメン」を誓うイオ(右)とダコタ(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

 米WWEのNXTで“天空の逸女”紫雷イオ(28)が、存在感を発揮し始めた。

 6日に配信されたNXT大会ではNXT女子王者シェイナ・ベイズラー(38)が、イオの古巣「スターダム」に参戦経験のあるダコタ・カイ(30)と対戦。「MMAフォー・フォース・ウィメン」を率いる王者はキリフダクラッチ(裸絞め)でダコタを捕まえてレフェリーストップ勝ちしたが、試合後も3対1の状況でダコタに殴る蹴るの暴行を加えた。

 そこへ登場したのが盟友イオだ。ロープに飛んでから鮮やかなバック転でMMA軍をかく乱すると、マリナ・シェファーとジェサミン・デュークをダブルキックで吹っ飛ばした。さらにシェイナの右ミドルをキャッチして、強烈な右のアッパーカットを叩き込んだ。コーナーに崩れ落ちたシェイナにダコタがドロップキックを放ったが、これはマリナとジェサミンが王者を場外に引きずり出して難を逃れた。

 イオはダコタとともに打倒・MMA軍をアピール。このまま上昇気流に乗ればNXT女子王座も視界に入ってきそうだ。