他3件も“あおり運転”被害者に「殺すぞ」

写真拡大

東名高速で「あおり運転」の末に死亡事故を引き起こしたとして危険運転致死傷などの罪に問われた男の裁判で、検察側はほかの3つの事件についても、男があおり運転のすえ、起こした事件だと指摘した。

石橋和歩被告は去年6月、「あおり運転」の末、萩山嘉久さんと妻を死亡させた危険運転致死傷などの罪に問われている。

6日の裁判では、これ以外の強要未遂や器物損壊の3つの事件について、検察側は冒頭陳述で「いずれも交通上のトラブルをきっかけに被告が憤慨して起こした事件だ」と述べ、石橋被告が車に追い越されるなどした際、あおり運転などを繰り返していたと指摘した。

さらに死亡事故から2か月後の去年8月にもあおり運転をし、その時の被害者は石橋被告が、「殺すぞ」「人を殴るために生きている」などと叫んでいたことを生々しく語った。