金正恩氏(平壌写真共同取材団)

写真拡大

北朝鮮国営の朝鮮中央通信は5日、日本が国連安全保障理事会の常任理事国入りを目指していることについて「戦犯国のせん越な振る舞い」であると非難する論評を配信した。

論評は「国際問題の処理に介入して発言権と影響力を行使し、ひいては国連を自分の政治的・軍事的野望を実現するための舞台にしようとするのは、日本の古くからの欲望である」と指摘した。

また、「情勢の流れに対する初歩的な判断力、対処能力不足によって力強く前進する朝鮮半島問題に介入できない日本が、世界政治に関与し、『政治大国』のように振る舞おうとすることこそ、世界を笑わせることだと言わざるを得ない」などと主張した。