鹿児島県志布志市の市議が高速で時速169キロ走行「お腹痛くて」

ざっくり言うと

  • 鹿児島・志布志市の28歳市議が道交法違反容疑で在宅起訴されていた
  • 4月に大分市の東九州自動車道で、80キロの制限速度を89キロも超過した疑い
  • 市議は取材に対し、「お腹が痛くなり、トイレに行きたくて急いだ」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング