問題は年末のスケジュール(提供写真)

写真拡大

 21日にテレビ朝日系で放送される音楽番組「ミュージックステーション スーパーライブ2018」(19時〜)の出演者第1弾が発表され、King&Prince、DA PUMP、星野源など41組の歌手・グループの名前が挙がった。今回、最も注目されていたのは韓国の7人組男性グループ「BTS」(防弾少年団)の出演だ。

BTS「Mステ」“ドタキャン”で…NHK紅白出場ますます遠のく

 BTSは11月9日の「Mステ」に出演予定だったが、メンバーのジミンが原爆被害を揶揄するようなTシャツを着用していたことが波紋を呼んだため、放送前日にテレ朝サイドからBTSの出演を“お断り”した。

 ところが、編成担当の亀山慶二専務は11月27日の会見でBTSの今後の出演について「出演はそれぞれ個別に判断していくことになる」と含みを持たせた。今後も追加アーティストが随時発表されることから、テレ朝は態度を変えてBTSを迎え入れるのではないかという見方が浮上している。

「理由はハッキリしています。日テレからの視聴率3冠奪取です。先日、上半期の視聴率が発表され、日テレが相変らずの3冠だったものの、全日帯でテレ朝が肉薄しました。ただ、G帯では2%弱の差があったようです。テレ朝は日テレが『イッテQ!』のやらせ騒動で揺れている間に若者に大人気のBTSを出演させ、G帯の視聴率を少しでも多く稼ぎたいようです」(テレビ局関係者)

 テレ朝の思惑はさておき、障害となるのがBTSのスケジュールだ。年末は韓国でも賞レースとなるが、毎年恒例のKBS、SBS、MBCの地上波3局が主催する歌謡祭は25日以降に集中している。もっとも、BTSは22日に都内で「ハイタッチ会」を行い、その他のイベントや海外での主だった予定は今のところない。21日の予定は空いているようだ。

 日韓芸能ジャーナリストの吉岡斗志氏が言う。

「BTSのMステ出演の可能性は十分にあると思います。前回のキャンセル時も賛否両論で、特に地方のファンから『見たい。なんで出ないの!』という怒りの声が噴出しました。また、フジテレビが今月放送する『2018FNS歌謡祭』にIZONE、BoA、ジェジュン、ユナクと韓流歌手が4組出演します。K―POPへの機運が高まっているうちにBTSを出演させ視聴率を稼ぎたいという声も局内にはあるようです」

 テレ朝にBTSの出場について聞いてみると、「第2弾、それ以降の発表については未定です。BTSが出場するか否かは分かりません」(担当者)と回答があった。

 視聴率のためには手段を選んでいる暇はないようだ。