お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次

写真拡大

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の加藤浩次(49)が6日、MCを務める日本テレビ「スッキリ」(月〜金曜前8・00)の生放送に出演。昨年10月の元横綱日馬富士による傷害事件の被害者だった東前頭6枚目の貴ノ岩(28=千賀ノ浦部屋)による付け人への暴行にあきれ顔を見せた。

 加藤は「初めてニュースを見た時、え?貴ノ岩が?って、疑りましたよ」とあ然。「自分が被害者で、自分があれだけ暴行を働かれて、頭を割られて、暴力に対しては痛みを知っているんだって僕は思ってた。そういった人間が加害者になってしまう。平手とこぶしで何発が殴って、付け人の人は腫れている状態。どうなんだ?」とあきれた。

 ゲストで出演した大相撲の元関脇・貴闘力氏(51)が「不思議でしょうがない。相撲協会の中で一番そういうことをしちゃいけない人間でしょ?その感覚が自分らには理解はできない」と首をひねると、加藤は「しちゃいけないというより、できない人間ですよ!」と声を荒げた。

 冬巡業に参加していた貴ノ岩は付け人が忘れ物の言い訳をしたことに腹を立て、4日午後11時ごろ、福岡県内の宿舎で平手と拳で顔面を数回殴ったという。5日朝、付け人は巡業先の福岡県行橋市の会場に遅れて現れ、相撲協会関係者が事情を聞いて暴行が発覚した。