米首都ワシントンにあるワシントン大聖堂で行われたジョージ・H・W・ブッシュ米元大統領の国葬で、(左から)ドナルド・トランプ米大統領、メラニア・トランプ大統領夫人、バラク・オバマ前大統領に挨拶した後、ミシェル・オバマ前大統領夫人と握手しようと手を差し出すジョージ・W・ブッシュ元大統領(中央、2018年12月5日撮影)。(c)Brendan SMIALOWSKI / AFP

写真拡大

【AFP=時事】米首都ワシントンで5日に行われたジョージ・H・W・ブッシュ(George H.W. Bush)元大統領の国葬に際し、葬儀の開始前にジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)元大統領(72)がミシェル・オバマ(Michelle Obama)前大統領夫人にキャンディーのようなものを手渡す微笑ましい場面があった。

 ジョージ・W・ブッシュ氏は、9月のジョン・マケイン(John McCain)米上院議員の葬儀に参列した際にもミシェル夫人にミント・キャンディーを手渡していた。

 W・ブッシュ氏は国葬の会場となったワシントン大聖堂(Washington National Cathedral)に到着すると、まずドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とメラニア(Melania Trump)大統領夫人と握手。続いてバラク・オバマ(Barack Obama)前大統領とミシェル(Michelle Obama)前大統領夫人と握手し、その際にキャンディーとみられるものを同夫人に手渡し、夫人の笑顔を誘った。

 ミシェル夫人はマケイン氏の葬儀での出来事についてNBCの番組「トゥデー(Today)」で、ブッシュ氏とは「儀礼で決まっているため」永遠に隣り合って座ると説明。

「すべての公式行事でそう座るから、歴代の大統領が集まる大きな行事ごとにブッシュ氏は私の悪友」と話し、「だから私たちはいつも一緒にいる。私は彼のことが死ぬほど好き。彼は素晴らしい人、面白い男性」と述べていた。
【翻訳編集】AFPBB News