西原理恵子さんとは愛知と東京の遠距離恋愛

写真拡大

「ぼくの寿命なんて誰も興味ないよ(笑い)。がんになるまで長く生きてこられたなんてむしろ喜ばしいことですよ」

 そう話す高須クリニックの高須克弥院長(73才)が「全身がん」を自身のツイッターで告白したのは今年9月。以来、その言動が注目を浴びている。

 11月22日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)で高須さんは宿泊先のホテルやクリニックで番組MC・坂上忍(51才)の密着取材を受け、パートナーである漫画家・西原理恵子さん(54才)も登場。闘病中ながら、全国各地にあるグループ病院を回診し、夕食には600gのステーキをほお張り、週末には西原さんとのデートを楽しむ。がん患者には見えない明るく精力的な姿は、大きな反響を呼んだ。

 なぜ自らがんを告白したのか。どうしてそれほど前向きに治療に取り組めるのか。そして気になる、西原さんとの今後は──高須さんに話を聞いた。

 高須さんのがんが発覚したのは今から3年半ほど前。自身のクリニックで人間ドックを受けた際に血尿に気づき、検査したところ、がんが見つかったという。

「“ああ、きたか”って感じ。そんなもんだよ。2人に1人はがんになるなんていいますけど、人間は長生きすれば必ずがんになるんです。びっくりするようなことじゃない。家族にも特別に集まってもらって話すなんて、そんなバカなことしない。聞かれたら答えるぐらいで」(高須さん・以下同)

 そう笑顔で話すが、病状は重かった。がんは腎臓、膀胱、尿管に見つかり、手術で腫瘍を摘出するのはすでに不可能な全身に転移した状態。手術以外の内科的治療に入るしかなかった。

 番組では、「高活性化NK細胞療法」という最先端医療を受ける場面もあった。この治療法は、がんを攻撃する免疫細胞・NK細胞を自分の血液から採り出して培養し、活性化させて再び体内に戻すというものだ。

「誤解してほしくないのは、あれはたまたま番組のロケがあったときに、その治療をしていただけなの。ぼくは並行して分子標的薬やBCG注入、内視鏡下高周波治療など、いろんな治療をやってる。今までたくさん試したよ(笑い)。みんな、がんになると1つの治療を選ぼうとするけど、医療って美容院と一緒なの。美容院でいちばん自分に似合うベストな髪形にしてもらおうと思ったら、“カットとカラーとパーマ、どれがお勧めですか?”なんて聞かない。いろいろ組み合わせてやるでしょ? それと一緒ですよ」

 がんであることをツイートしたのは、今年9月28日。同じく全身がんだった樹木希林さん(享年75)が亡くなってから13日後のことだった。

「希林さんのすぐ後だったから、反響は大きかったね。ぼくは全身にがんがあるけど、ステージは末期ではない。治るかもしれない、と思って治療を楽しんで受けている。そして自分が受けている治療をもっといろんな人に見てほしいと思っています。自分は実験台でいい。その治療がうまくいったらぼくにとって得だし、失敗しても見た人にとっていい教材になるでしょ。どっちに転んでもいいんです」

 しかし、現在行っている治療の多くは保険適用外で高額だ。かなりの費用がかかっているのではないか。

「検査や治療の多くはぼくが理事長をしている高須病院でやってるんだから、請求しようがないんだよね(笑い)」

「高須」といえば美容整形の高須クリニックが知られているが、地元の愛知を拠点に高須病院をはじめとした11の医療・介護・福祉施設があり、高須さんはグループの理事長を務めている。高須さんは、週4日愛知、3日東京というサイクルを続け、愛知の病院では一人ひとりの患者の病床を回る多忙な日々を送る。

※女性セブン2018年12月13日号