小池百合子東京都知事(66)が、衝撃的な姿を披露していた。

「11月中旬の夕方でした。青梅市の吉野街道を車で走っていたら、バイクの車列に遭遇。先頭を走っているのが出川さんだったので、びっくりしました。楽しそうに運転していましたよ」(青梅市に住む飲食店関係者)

 バイクに乗る姿を目撃された出川哲朗(54)の後ろを走っていたのは、スイカ模様のヘルメットをかぶり、電動原チャリを自ら運転する女性。よく見ると、小池都知事ではないか。

「後ろを走るのが小池都知事だとわかったときは、もっと驚きました。まさかね」(同前)

 さらに後ろの車の助手席には、カメラをまわす人が……。

 じつはこの模様、2017年4月にスタートした出川のゴールデン初冠番組『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)の収録風景。

 毎回ゲストとともに電動原チャリで旅をする同番組は、充電が切れると、見ず知らずの人に「充電させて〜」とお願いしてまわるというもの。

 7月の特番では平均視聴率13.2パーセントを叩き出したほどの人気を誇る。かつてテレ東系『ワールドビジネスサテライト』で初代メインキャスターを務めた都知事の、「古巣凱旋」となったわけだ。

 小池都知事に代わって都の政策企画局・戦略広報担当者が、出演理由をこう話す。

「都としては、CO2を排出しないなどの環境先進都市を目指しています。電気自動車や電動バイクの普及促進に取り組んでいて、都内を走れば都内の魅力のPRにもなります。

 知事からは『昔から頻繁に50ccバイクには乗っていました』と聞いています。つつがなく収録を終えました」

 ちなみに、不測の事態を警戒してか、都の関係者も同行したという。

 さて、小池都知事を従えて走った出川といえば、嫌われキャラも今は昔。リアクション芸人として愛される存在になっている。バラエティ番組関係者がその理由を話す。

「『今の自分があるのは皆のおかげ』と自分に言い聞かせている。若手にも腰が低く、仕事にも前向きで、積極的にアイデアを出してくる。

 番組の収録後には若手スタッフや後輩芸人を飲みに誘い、出川さんが払うことも。だから『次も出川さんで』となり、仕事が途切れませんね」

 出川人気に、都知事もあやかりたい!?

(週刊FLASH 2018年12月11日号)