垂れ目メイクで老け見え?やりがち「時代遅れアイメイク」5つ

写真拡大

加齢による目力の衰えをカバーしようとして、ついやりすぎてしまうのが「アイメイク」です。40代はアイメイクを濃くしすぎると古臭くなって、”おば顔”になりかねません。

ヘアメイクやコスメコンシェルジュのプロとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、力を入れすぎて失敗しやすいアイメイクの落とし穴を、ポイントとタイプ別にご紹介します。

■加齢による目元の見え方

加齢を重ねた目元は、ぼやけた印象を与えがちです。40代になると、20代の時と比べてまぶたはたるみやすくなり、目尻もさがってきます。

また、小ジワも目立ちますので、20代の時と同じアイメイクをしていると”老け顔”になってしまいます。

■時代遅れのアイメイク5つ

(1)まるでギャル!?ガッツリ囲みアイライン

目力を出すための”囲みアイライン”は、ぼやけた目元をはっきりさせるために効果的に思えます。しかし、たるんだ目元に無理矢理、囲みアイラインをすると、濃すぎるので注意が必要です。

囲みメイクをどうしてもしたい時は、アイラインでなくアイシャドウをかわりに使うと、目元を自然に強調できますよ。

(2)バサバサまつ毛

マスカラやエクステによる”バサバサまつ毛”を大人の女性がすると、違和感が出てかなり浮きやすくなります。綺麗な大人アイメイクは、あくまで自然なアイメイクにすることが大切です。

ボリュームも、まつげ全体に出すのではなく中央だけにボリュームを出すと、自然な目力がでます。

(3)涙袋メイク

40代の目元はたるみや小ジワが目立ちますので、涙袋メイクをすると、逆にたるみが目立ったりシワが目立つので要注意です。

(4)垂れ目メイク

40代になると目尻が下がってきますので、垂れ目メイクをやると余計に目尻が下がり、老け顔になりやすいので気をつけましょう。

目元のメイク1つで、人に与える印象は変わります。濃すぎず、ポイントだけを強調するような大人アイメイクを心がけましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
発色アップ!「アイシャドウベース」の使い方とおすすめ4選
・斬新なアイテムが続々登場!美容家が大注目のファンデ4つ
・メイク上手になれる基本の「き」化粧の基本と正しい順番
・美容家が注目!華やか旬メイクが叶うプチプラコスメ4選