ロシアでも中国人トラブルが発生

写真拡大

 中国と国境を接するロシアの極東部やシベリアなどで、農業に従事する中国人が増加している。市場に出回るトマト、キュウリなどの野菜類はほとんど中国人が栽培したものだが、あまりにも大量の農薬や化学肥料を使ったものが多く、不買運動が起こっている。

 さらに、ロシア人のなかには、中国人農家のビニールハウスを取り壊すなどの実力行使に及ぶ者も出ており、中露間の外交問題にも発展しそうな勢いだ。米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」が報じた。

 ロシア政府はロシア領で農業を営む中国人農家に対して、所得税を免除する優遇策を打ち出している。極東部やシベリア地区は寒冷地で、農業に向いていない地域であることから、ロシア人住民の多くは農作業に関心が少なく、野菜を中心とする農作物が不足しているからだ。

 その点、中国の人々は一般的に農業を生業としており、農業に対する抵抗感が少なく、税金の減免によって、農業に取り組みやすいという側面がある。

 しかし、地元のロシア住民によると、中国の野菜栽培農家が大量の農薬を使用しているため、土地にダメージが蓄積されてしまい、3〜5年後には耕作できなくなる恐れがあるという。さらた、野菜の残留農薬が人間の健康にも悪影響を及ぼしており、近年、健康を害する住民が増えているとの指摘もある。

 ロシア新聞社によると、ロシア極東部ハバロフスク・クリィのいくつかの村の住民たちが、住宅近くの樹木や自家栽培の野菜と果物が黄色から白に変色し、枯死してしまう現象が続いていることに気づいた。ロシアの専門家が現地調査を行った後、土地を借りた近隣の中国人の農場がロシアで禁止された中国製の除草剤を使用していたことが原因だと指摘したというのだ。

 ある地元住民はロシア新聞社に対して、通常の半分以下の日数で収穫されるトマトが化学肥料漬けで子供の健康に悪影響を与えるのでは、と懸念するコメントを出している。

 ある村では11月初旬、住民代表約150人と村長が出席した会議が開かれ、中国人農家のビニールハウスを撤去することが決定された。会議後、住民らはビニールハウスの前で抗議デモを行い、さらに撤去を求める嘆願書を上級機関に提出。中国人オーナーはこの決定を受け入れざるを得なかったという。

 ロシア極東部では2013年、17人の中国人農家は使用禁止の殺虫剤、農薬、成長促進剤などを投与したとしてロシア当局に逮捕されている。それにもかかわらずここ数年、同様の事例が多くみられ、多くの中国人農家がロシアから国外追放処分を受けて、中国側に戻る例が増えているとRFAは伝えている。