日本テレビ

写真拡大 (全3枚)

「イッテQ」のヤラセ報道に月間3冠王からの陥落……度重なる日本テレビの不調は偶然ではない。危機は番組だけにとどまらず、日テレ全体に及んでいるというのは、メディアアナリストのメディア遊民氏だ。しかも、いまの日テレは、フジテレビが3冠王から陥落したときと酷似しているというのだ。解説してもらおう。

 ***

「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系・日曜19:58〜20:54)のデッチ上げ騒動は、11月18日の放送では、番組冒頭の1分14秒にわたって謝罪テロップを表示した。ところが「一部の『祭り』において開催実績や開催経緯などの説明に誤り」と認めたものの、「原点に立ち返り みなさまにより楽しんでいただける番組を目指して参ります」と結んだ。

日本テレビ

 騒動の原因や発覚後の同社の対応が二転三転した経緯の説明はないまま、事件の収束を急いだ感が拭えない。通常の番組に戻そうという意図が勝り過ぎている。

 ところが実際には、放送への苦情や倫理問題に対応する第三者機関・BPO(放送倫理・番組向上機構)が動き出している。まだ他の企画や他番組への追及もあり得る。責任の所在を明らかにしないまま、早く次に移ってしまおうとする姿勢は、今の時代は最もマズい。日テレのゴタゴタは、今しばらく続く可能性がある。

 そもそも同局は、今回の問題がなくても既に視聴率が下落傾向にあった。事件発覚直前の10月には、全日帯(6〜24時)の視聴率でテレ朝に抜かれ、58カ月連続・足掛け5年に及んだ月間3冠の座から陥落していた。このままでは数年前のフジテレビのように、ずるずる勢いを失っていく可能性もある。

日テレとテレ朝の視聴率(四半期別)

 何が本当の問題なのかを考えてみた。

日テレの失速

 秋改編を経た11月初め、早くもテレビ業界に激震が走った。長くトップで独走を続けた日テレが、10月期の月間3冠の座から陥落したからだ。

 日テレにとって最大の敗因は、午前午後の帯番組だった。

 朝帯(6〜10時)の平均視聴率で見ると、今年2月まで日テレはテレ朝を上回っていた。ところが3〜5月に僅差ながら逆転され始め、7月以降は差を付けられるようになっていた。

 まず「ZIP!」(5:50〜8:00)「スッキリ」(8:00〜10:25)の不調が大きい。春頃より「ZIP!」は、テレ朝「グッド!モーニング」(4:55〜8:00)・フジ「めざましテレビ」(4:55〜8:00)の後塵を拝するようになっていた。「スッキリ」もテレ朝「モーニングショー」(8:00〜9:55)・フジ「とくダネ!」(8:00〜9:50)に遅れをとるようになっていた。

日テレ主な番組の視聴率

 さらに昼帯の「ヒルナンデス!」(11:55〜13:55)も、TBS「ひるおび!」(10:25〜13:55)以外に、フジ「バイキング」(11:55〜13:45)に敗れることが多くなっていた。「ミヤネ屋」(13:55〜15:50)もひと頃の勢いをなくしていた。

 朝帯だけではない。他にも視聴率で下落傾向にある番組や枠が散見される。

 P帯(プライムタイム:19〜23時)のドラマ枠は、14年に年間平均12%だったが、その後ズルズル下がり始め、今年は8%台前半に留まりそうだ。特に人気と実力を兼ね備えた水曜22時の“水曜ドラマ”枠の不調が痛い。

 例えば14年には、「花咲舞が黙ってない」と「きょうは会社休みます。」の2作が16%となり、年間平均も12%あった。ところが今年は、「anone」の6.1%をはじめ4作全てが1桁で、年間平均も8%台が濃厚となっている。

 朝や昼以外の帯番組も不調が目立つ。

 深夜23時台の「news zero」は、15年の年間平均は9%近くあった。ところが今年は、8%以下に終わりそうだ。午後の帯番組「ミヤネ屋」も、14年の年間平均は9%だったが、今は7%ほどしかない。

 地上波で唯一となった映画枠も変調をきたしている。

 同じジブリ映画を何度も放送しながら、毎回高い視聴率をとってきた「金曜ロードSHOW!」(21:00〜22:54)。時には他局の新ドラマ初回に強力な映画をぶつけるなどして、存在感を発揮してきた枠だ。ところがここも、14〜15年は年間平均で12%台半ばあったが、今年は1桁で終わりそうだ。

 同時多発的に随所で、弱点が目立つようになっているのだ。

時代とのズレ!?

 フジが7年連続3冠王の座を明け渡した2011年。東日本大震災が発生し、人々は絆を重視し始めた。「楽しくなければテレビじゃない」の娯楽第一主義の終わりを予見させた出来事だった。そして家族一緒に見るバラエティを得意とした日テレが、視聴率を安定的にとり、独走態勢が出来上がった。
 
 しかし同局のピークは15年頃で、その後は徐々に視聴率を下げ始めた。最も顕著なのは全日帯。2位のテレ朝との差が次第になくなってきたのである。

 この15年、朝の情報番組「スッキリ」に象徴的な出来事があったと筆者はみる。テリー伊藤(68)が全曜日のコメンテイターから降板した件だ。これについては諸説があったが、「テレビに毒は要らなくなった」という同局幹部の発言が一番大きいと言われている。

 ところがその後、例えばテレ朝「モーニングショー」は、長嶋一茂(52)・石原良純(56)・玉川徹(55)などの毒舌で数字を上げていった。フジの「バイキング」も、MC坂上忍(51)の本音トークで活気づいている。

 テレビ番組の醍醐味はハプニングだ。予定調和が崩れた瞬間に、出演者の感情や人間性が垣間見られ、単なる理屈でない面白さがある。ところがハプニングにはコンプライアンス上のリスクが伴う。舌禍事件や炎上騒動の危険もある。しかし、これを恐れすぎると番組がつまらなくなる。

 この2〜3年、同時多発的に同局の番組が数字を下げ始めているのは、多くのプロデューサーが守りの姿勢になり始めていたからなのではないだろうか。

「イッテQ」問題は象徴的

 この流れで考えると、「イッテQ」のデッチ上げ騒動には、守りの姿勢から来る“2つのミス”が考えられる。

 1つ目は、「数字をとり続けなければ…」という焦りからくる判断ミス。同番組は90年代に花開かせたドキュメントバラエティの流れを汲み、挑戦が失敗してもそのまま出すリアリティが売りだった。

 であるなら今回のラオス「橋祭り」も、どこまでが事実でどこからが演出かを見せながら、エンターテインメントの部分をガチで見せていたら問題はなかった。前提を暴露したからといって、面白さは劇的には下がらない。

 ちなみに同祭りが放送された5月20日の視聴率は19.2%。平均以上に高く、ここに事実の説明が事前にあっても、そのコーナーの面白さで遜色のない数字はとれていただろう。

 2つ目は、事件発覚後の対応ミス。文春砲を受けて、「誤解を招く表現があった」と一部謝罪しながらも、“やらせ”を早々に否定してしまった。視聴率トップの番組を守る、さらには民放連会長になったばかりの大久保好男社長(68)を守るという意識が、詳細な検証なきまま先走りさせてしまったのではないだろうか。

 ところがその後、疑惑を全面的に認めることになってしまった。大久保好男社長も定例記者会見で頭を下げる羽目に陥った。今や企業の危機管理では、“初動は最も大切”というのが常識だ。長く独走を続けて来た同局は、ここでも時代とのズレを生じさせていると言わざるを得ない。

日曜枠への危惧

 さて、そんな日テレの今後はどうなるだろうか。

 前例は「イッテQ」の直前に放送している「ザ!鉄腕!DASH!!」(19:00〜19:58)だ。5月初めにTOKIOの元メンバーの山口達也(46)が不祥事でグループを脱退して以降、同番組は視聴率が下がり続けている。17年の年間平均は17.1%あったが、今年6月以降の平均は14%台に留まる。

 どうやら日テレは、この問題でも十分に対応できていない。もともと視聴率を重視する局だったのだから、「ザ!鉄腕!DASH!!」でも大胆なテコ入れをすべきだったが、それが出来ずに半年になろうとしている。

 日曜夜は、この「ザ!鉄腕!DASH!!」「イッテQ」「行列のできる法律相談所」(21:00〜21:54)の3時間が鉄板だ。17年の1年間、これら3番組の平均は17.4%にも及んでいた。日テレ独走の原動力だった。

 ところが今年6月以降、3番組とも数字を下げている。今年第4四半期は今のところ、17年平均より2.4%も低い。「ザ!鉄腕!DASH!!」ばかりか、「イッテQ」も事後処理を間違うと、下落幅はどんどん大きくなりかねない。

 重要なのは、個別の対症療法ではない。根本的に同局が時代とズレ始めているかも知れないという反省だ。2004年から7年連続3冠王となったフジテレビは、実は2006年がピークで、その後ズルズル視聴率を下げ、今日に至るまで反転攻勢できてない。11年に3冠の座から脱落するまでは、「“トップのジレンマ”ゆえに根本治療が出来なかった」と言っていた。ところがその後も正しい改善策がとれたとは思えない。フジの最も深刻な問題も、時代とのズレを修正できなかった点だ。
 
 日テレの現状は、当時のフジに酷似している。

 これまでの貯金があるため、今年中、あるいは今年度中に3冠を失うことはないかもしれない。ところが問題先送りの姿勢が最も致命的だ。多少の犠牲は覚悟の上で、守りを捨てて変化へ踏み出す。これが“終わりの始まり”に対する正しい対応だろう。

 同局の素早く正しい対応に期待したい。

メディア遊民(めでぃあゆうみん)
メディアアナリスト。テレビ局で長年番組制作や経営戦略などに携わった後、独立して”テレビ×デジタル”の分野でコンサルティングなどを行っている。群れるのを嫌い、座右の銘は「Independent」。番組愛は人一倍強いが、既得権益にしがみつく姿勢は嫌い。

週刊新潮WEB取材班

2018年11月28日 掲載