2018年11月23日の満月は、藤原道長が「望月の歌」を詠んでから1000年目の満月である。

藤原道長の「この世をば〜」から1000年

勤労感謝の日である11月23日(金)に見える満月に注目が集まっている。

2018年は、平安時代の貴族・藤原道長が「この世をば わが世とぞ思ふ 望月の欠けたることもなしと思へば」という有名な歌を詠んでから1000年目の年だからだ。

京都新聞などによると、藤原道長が「望月の歌」を詠んだのは旧暦の1018年10月16日。2018年11月23日は旧暦の10月16日にあたるという。

イメージ画像 fotolia

ネット上で「なんて素敵」「めっちゃ風流」「エモくない?」「必見」「平安の世を偲ぶことにしよう」「道長気分で月を観れるとは思ってなかった。贅沢中の贅沢」「見れるかなぁ?」「晴れてくれ!」など、話題になっている。

北日本日本海側は荒れた天気が予想

国立天文台の2018年歴要項によると、11月23日14時39分にちょうど満月(望月)になるという。

出典:国立天文台ホームページ

気になる天気はどうなのか?

気象庁の天気予報によると、東京地方の22日夜と23日夜の降水確率は10%だ。

出典:気象庁ホームページ

週間天気予報によると、23日は冬型の気圧配置が強まり、北日本日本海側を中心に荒れた天気となる見込みだという。

各地の詳しい天気予報は、気象庁ホームページで見ることができる。

きょうは欠けたところがない月を見上げて、1000年後に名を残す大権力者となった藤原道長の気分に浸ってみてはいかがだろうか。

外部サイト

「満月」をもっと詳しく

  • 満月に見える模様の正体は月の地形 西〜東日本は広く観測チャンス
  • 6月28日の満月は年に一度の「ストロベリームーン」 恋を叶える?
  • 31日はブルームーン、満開の桜と饗宴が楽しめる?次回は2020年10月