米軍の「PJ(パラジャンパー)」とは、空挺資格と医療資格などをあわせ持ち、山だろうが海だろうが、敵の攻撃が予想される地域だろうが救難に向かうという、過酷なお仕事に就く兵士たちのことを指します。日米共同訓練における彼らの様子を追いました。

PJの過酷なお仕事とは?

 2018年10月29日から11月8日にわたり、日米共同統合演習「キーンソード19」が行われました。米空母「ロナルド・レーガン」や爆撃機B-52H、また今回初めてカナダ海軍が2隻の艦艇を参加させるなど、話題にこと欠かない演習でした。


救助者を運ぶ日米の救難部隊員。その後ろは空自千歳救難隊のUH-60J。「キーンソード19」におけるCSAR訓練(後述)にて(2018年10月31日、菊池雅之撮影)。

 巨大演習である「キーンソード」は、いくつかの小さな機能別訓練で構成されています。

 そのひとつとして、10月31日に、日米の救難部隊が競演した航空救難訓練が行われました。実施場所となったのは、三沢基地(青森県三沢市)およびその周辺の空海域です。日本からは航空自衛隊千歳救難隊(北海道千歳基地)と海上自衛隊第71航空隊(山口県岩国航空基地)、米側からは、第35戦闘航空団(司令部・三沢基地)などが参加しました。

 訓練のシナリオは、「武力攻撃事態下における米軍機パイロットの捜索救助」です。F-16がエンジントラブルを起こし、パイロットが緊急脱出しました。場所は三沢沿岸部から4.5km離れた沖合です。パイロットはケガをしているものの無事であるという想定です。

 漂流しているパイロットを助けるべく、米空軍第374空輸航空団(司令部・東京都横田基地)のC-130が離陸します。そして米空軍第31救難中隊(沖縄県嘉手納基地)に所属する空挺降下資格を持つ衛生兵、「PJ(パラジャンパー)」が4名、機体から飛び降ります。パラシュートで海面着水し、パイロットを助けます。本来ならば、ボートも一緒に降下させる計画でしたが、波が高かったため、事前に海面上に準備されていました。


CSAR訓練(後述)より。空挺降下し着水したPJは漂流していたパイロットを救助、ボートに乗せ上陸。武力攻撃事態想定のため敵への警戒も怠らない(画像:アメリカ空軍)。




 パイロットは陸地まで運ばれると、そこへ千歳救難隊の救難ヘリUH-60Jが到着します。そしてホイスト(救助用巻上げ機)にて機内に収容され、2名のPJと共に、最寄りの三沢基地へと向かいました。残り2名のPJは、第71航空隊のUS-2が収容しました。

 UH-60は、三沢基地に到着すると、担架を使いパイロットを降ろします。エプロン地区には、第35戦闘航空団の隷下部隊である第35医療群の救急車が待機していました。救急車にパイロットを乗せると、そのまま基地内の軍病院へと搬送し、そこで応急手当てを実施し、すべての訓練を終えました。

PJは戦闘も辞さず

 ヘリが三沢基地に降りた際、筆者(菊池雅之:軍事フォトジャーナリスト)と同じく取材にあたっていた新聞記者が、PJが担架と共に小銃を携行していることに驚いていました。人の命を助けるレスキュー任務と、命をかけて戦うための道具が、頭のなかで結びつかなかったのでしょう。


第71航空隊のUS-2はこの日、撤収するPJの移動手段として参加していた(2018年10月31日、菊池雅之撮影)。

 今回は平時ではなく、武力攻撃事態という状況での訓練です。となると、墜落した場所に敵がいる可能性は極めて高いのです。こうした戦場での捜索救難活動を「CSAR(Combat Search And Rescue)」と呼びます。ですから、この時PJは小銃(訓練用の模擬銃)を携行していましたが、これは、要救助者の命を敵の攻撃から守るものであったのです。

 敵は、戦闘機や艦艇で攻撃してくる可能性が高いです。そこで、仲間を守るため、戦闘機などを飛ばして空域の安全を確保します。この時も、米空軍のF-16や空自のF-15などが参加しました。また、同じころ米海軍のEA-18G「グラウラー」電子戦機も飛行しており、同じミッションを行っていた可能性があります。


CSAR訓練にて。千歳救難隊のUH-60が到着し、待機していた米軍の救急車により救助者を基地内病院へ搬送。応急手当を施すまでが訓練(2018年10月31日、菊池雅之撮影)。




 PJは、高度な医療知識を持ち、それに加え、空挺降下や潜水、爆破といった技術も持つ優れた隊員です。さらに特殊な訓練を重ねた、戦闘能力の高い戦闘捜索救難員もいます。今回参加した隊員たちが所属する在日米空軍第31救難中隊は、第18航空団(司令部・嘉手納基地)に内包されています。

助けたパイロットが司令官に

 今回は訓練という事で、日米が協力し、米軍パイロットを助けました。これまでも実際に、自衛隊が米軍パイロットを助けた例はいくらでもあります。

 最近では6月11日、米空軍のF-15が、沖縄本島の南約90kmの海上に墜落しました。幸いにも、パイロットは無事脱出に成功します。そして今回のように、海上を漂流しているところを空自那覇救難隊によって救助されています。


米空軍PJを収容するため、着水したUS-2。サイドドアから海自救難員が海面を捜索している(画像:統合幕僚監部)。

 また、前在日米軍および第5空軍司令官であったジョン・L・ドーラン中将も、自衛隊に命を救われた過去があります。1992(平成4)年1月23日、当時勤務していた三沢基地をF-16で離陸し、米本土を目指して飛行していました。その途上、空中給油機KC-135から燃料補給を受ける際、接触する事故を起こします。これにより機体は墜落、ドーラン氏は緊急脱出し、海上へ。その後なんと5時間も漂流する事になります。この時ドーラン氏の救助に向かったのがUS-1でした。厚木基地を離陸し、約1000kmも離れた海面を目指しました。そして見事ドーラン氏を救助、氏は生還に成功します。

 20年経ち、ドーラン氏は、いちパイロットから日本における米軍の最高指揮官として再赴任しました。やはり自分の命が自衛隊員の手によって救われた恩は忘れず、就任式の際、当時のUS-1のパイロットを招待しました。また岩国基地を訪問した際には、実際に救助活動を行った救難員にも再会しています。当時3曹など若い階級だった彼らは、いまでは准尉や曹長となっていました。ドーラン氏は本国へと戻りましたが、きっと自衛隊への感謝の気持ちは、制服を脱いだ後も覚えていてくれることでしょう。

 航空機事故は、残念ながら平時、有事関係なく起こるものです。もしその万が一の事態に陥った時、パイロットの生命を守るため、迅速な救助活動が必要不可欠です。起きては欲しくないことですが、その時のため、日米の救難員は厳しい訓練を重ねているのです。