昨年の「東京国際映画祭」から。安藤サクラ(左)と満島ひかり(右から2人目)/(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 女優の満島ひかり(32)が大親友だった安藤サクラ(32)と絶交状態にあることを報じたのは先週発売の「女性セブン」だった。

監督ウケは抜群なのに…満島ひかり作品はなぜ不人気なのか

 きっかけは昨年10月、NHKの朝ドラ「まんぷく」の主演に安藤が“一本釣り”で抜擢されたことだったという。

 満島は朝ドラへの強い思いがあり、オーディションでは毎度最終選考に残るものの、主演を逃し続けていた。近年は人気ドラマや映画で存在感を発揮しており“今年こそ”と意気込んでいたところを、親友の安藤にアッサリ持っていかれたことにプンプン。その直後のイベントが「東京国際映画祭」だっただけに、満島は直前にドレスが気に入らないと揉めたり、イベント後のインタビューに応じないなどワガママぶりを見せたというわけである。

 満島は自分の事務所に安藤を迎え入れ、取材では腹を割って話せる親友として語っていたのだが、今年3月には事務所から独立。最近では安藤のことを親の七光だと中傷しているという声まで聞こえてきているという。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「満島さんは、芸歴、受賞歴、ルックスなど安藤さんより優位に立っていると思っていただけに、ショックが大きかったのでは。朝ドラは新進女優を抜擢することが多く、年が経つほどに起用の可能性が減るだけに、今回逃したのが相当悔しかったのでしょう。とはいえ、表面上取り繕って安藤さんを祝福するなんてできないのが満島さんです。映画祭の一件のように、怒りや悔しさを表現しないといられない、それだけに一匹狼になるのも致し方ない。演技の実力は折り紙つきですから、いい作品に出合えば一気に逆転もありうるはずです」

 安藤サクラへの怒りをバネに大逆転のチャンスは来るか。