絵に描いた餅に終わった「負ののれん」ライザップの錬金術が暗礁にまぐまぐニュース

絵に描いた餅に終わった「負ののれん」ライザップの錬金術が暗礁に

ざっくり言うと

  • 「負ののれん」は市場価値より安く企業を買収し、利益をかさ上げする処理だ
  • ライザップのM&Aは「負ののれん」発生益が目的だったようだ、と筆者
  • 一方で買収した企業が利益を出せず、絵に描いた餅に終わった、とも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング