マリナーズ・イチロー【写真:Getty Images】

写真拡大

2000年11月19日にマリナーズと3年契約を結んだイチロー

 マリナーズの会長付特別補佐を務めるイチロー外野手。メジャーリーグで数々の記録を生み出したレジェンドは来年3月20、21日に東京ドームで行われる開幕2連戦で実戦復帰することが予想されている。MLB公式ツイッターはイチローがメジャーリーガーとして誕生した“伝説の日”を紹介している。

 イチローがオリックスからポスティング・システム(入札制度)でのメジャー移籍に踏み切ったのは2000年オフ。11月19日にマリナーズと総額1400万ドル(約15億7000万)の3年契約を結びメジャーリーガー・イチローが誕生した。

 MLB公式ツイッターは「2000年の今日、マリナーズはイチローと契約した。それは、まさに実を結んだ」とコメントを添え、メジャー初安打、初ホームラン、レーザービームが生まれた右翼から三塁へのダイレクト送球と攻守で活躍したイチローの動画を公開している。

 2001年から現在までメジャー18年で通算3089安打を放ったレジェンドにファンからも称賛の声が挙がっていた。

「3月にアスレチックスと対戦するときに、イチローは出場するのかな?」

「僕が見た中で史上最高の打者」

「ヤンキースのレジェンド」

「ワールドシリーズ進出が確約されている球団が彼のためにロースターの空きスペースを設けたら、何の不満も出てこないだろうね。あいつならまだチームの助けになれるさ」

「彼の殿堂入りは疑いようのないことだ」

「殿堂入り」

「史上最高のコンタクトヒッター」

「GOAT(Greatest Of All Time/史上最高」

「文句なしで、私が見てきた中で史上最高の打者よ」

「極東からMLBへのギフトだね。彼に匹敵する者はいないよ。彼は僕の中の史上最高の9選手のリスト入りしているんだ」

 マリナーズでメジャーをスタートさせたイチローはその後、ヤンキース、マーリンズ、そして今季から古巣に復帰した。今年5月に会長付特別補佐となりプレーすることはなかったが、日本開幕となる来季は再びプレーする姿を見れる可能性が高い。(Full-Count編集部)