セミロングの可愛らしい姿で登場したガンバレルーヤ・まひる (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 お笑いコンビ・ガンバレルーヤのまひる(25)が19日、都内で行われたコスメ公式通販セール『@cosme Beauty Day』プレス発表会に出席した。相方のよしこ(28)が、今月16日に「下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)」治療のため一時休養することを発表したが「ご心配おかけしてすみません。命にかかわる病気じゃないので、元気に復帰してくれると思います」と説明。復帰時期については「手術をして、お医者さんと相談して決めるみたいで、まだはっきりとはわかりません。年内には復帰できると思います」と明かした。

【動画】変身メイクに挑戦したまひる「石原さとみになった」と大感激

 すでに手術を終えているのかについては「やります。でも、いつするのかとかどこでやるのかは、お答えできません」と自ら先回りしながら説明。よしこの様子を聞かれると「同じ病気を抱えている方からすごくメッセージをいただいて、不安な気持ちになる反面、すごく元気をもらっていたので大丈夫です。元気です」とアピールするも、来月10日に行われる日本テレビ系『女芸人No.1決定戦 THE W(ザ ダブリュー)』決勝戦の出場は「まだお答えできません」と申し訳なさそうに話した。

 前日もよしこと一緒にいたそうで「仕事でご迷惑をかけてしまったので、すごく心配していました。『申し訳ない』って言っていました」と相方に代わって謝罪。芸能界一の“ガンバレルーヤファン”を自認する若槻千夏は「ニュース聞いた時にすごく悲しくなって、お手紙を書いたので、きょうまーちゃん(まひる)に託しました。小学校4年生で松雪泰子さんに宛てて書いた以来のファンレターを書きました。何かあったら金銭面の部分でも、ガンバレルーヤを支えます。それくらいのファンです」と笑いを交えながら力強くエールを送っていた。

 アイドルグループ・NMB48のメンバーで「女子力動画」で人気のYouTuberとしても知られる吉田朱里(22)によるメイクで、華麗に変身したまひる。本来はよしこが体験する予定だったため「いつもはよっちゃんが変身系を体験してくれていて、女優さんをイタコさん形式でおろすことができるので楽しみにしていたのですが、(休養に入ったので)今回は私がさせていただきました」と残念がりながらも、鏡で自身の顔を見ると「かわいいー。これ本当に私ですか? 石原さとみさんかと思いました」と声を弾ませた。

 鏡で変身後の顔を見る前には「男の人達がやらしい目で見ていたので、キレイに変身できたのではないかと思います」と“舌好調”のまひるは「よっちゃんと2人でグラビアアイドルとかやってみたいです」と随所に相方愛をにじませるコメントも。最後は芸人らしく「かわいいは作れる。みなさんも私を目指して頑張ってください」と笑わせていた。

 事務所によるとよしこは、人間ドックを受診した際にホルモン産生の良性の腫瘍が見つかり、担当医師と相談した結果、腫瘍を取り除く手術を決断。書面を通じて「関係各所の皆さま、いつも応援してくださるファンの皆さま。この度は、ご迷惑おかけして申し訳ございません。完治させてまた頑張りますので、これからもガンバレルーヤをよろしくお願いいたします!」と復帰に向けての意欲を示していた。

 発表会にはそのほか、若槻千夏、日本形成外科学会専門医の貴子先生も出席した。