チーズドッグには砂糖入りココナツパウダーをまぶすのがお約束

写真拡大 (全5枚)

 台風や事故などが原因で駅にキャパシティを超える人が集まってしまい、入場規制をかけることがある。2018年の夏からずっと毎週のように、土日休日になるとJR新大久保駅では入場規制が始まる。毎週、イベントがあるのではなく、大久保を訪れる人が多いからなのだ。

「まっすぐ歩くのも難しいんですよ」と話すのは、韓国料理を食べるため、友人と週末に新大久保を訪れた日本語教師のAさん(女性・40代)。

「近くの学校に勤めている友達から、最近の人出は普通じゃないと聞いていましたが、これほどとは思っていませんでした。駅のホームに降りてから改札を出て、明治通り方面へ向かって数百メートルのあいだ、ずーっと新宿駅の通勤ラッシュみたいな人混みなんです。通勤ラッシュと違うのは、みんなゆっくり歩いているから、なかなか前へ進めないこと。以前の韓流ブームのときよりも、今の方が道を歩きにくいです」

 歩きにくい理由は、キャパシティを超える多くの人が訪れていること以外に、数十メートルおきくらいにあるのではと思うほど乱立している韓国風チーズドッグ(ハッドグ)店舗にもある。チーズドッグを買うために行列をつくり、スマホで自撮りしながら買い食いする若者たちが歩道にあふれているのだ。あまりの混雑に、店舗によっては警備員を配置して「最後尾」のボードを持たせ、整列して道をあける努力をしているところもあるが、殺到する人をさばききれないのが実情だ。

 地元住民は「そろそろブームが落ち着いてほしい」という本音を漏らす。

「街がにぎわうのは嬉しいけれど、チーズドッグ目当てのお客さんには、あまりマナーがよくない人が目立ちます。そのあたりにゴミを捨てたり、表通りが混んでいるからと奥まった普通のマンションエントランスで座り込んで食べて、ゴミを置いていったり。貼り紙もしていますが、ゴミはなくならない」

 いったい、チーズドッグの何が、多くの人を引きつけるのか。

「チーズダッカルビもそうだったけど、いわゆるインスタ映えする食べ物ですよね。ワンコインと価格も気軽なので高校生くらいの若い子がたくさん並んでいました。興味はあったけど、行列してまでスナックを食べる気分にはならないので、目的の韓国料理店へまっすぐ行きました。BTSが『ミュージックステーション』出演を取りやめたすぐの週末だったから、ヘンな人に絡まれたくなくてみんな新大久保を避けるんじゃないかなんて友達と話していたんですけど、チーズドッグに並んでいる子たちには、全然、関係なかったみたいですね」(前出・Aさん)

 K-POPグループのBTS(防弾少年団)は、日本ツアーが始まる前の11月9日(金)に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)出演を予定していた。ところが、メンバーの一人が過去に着ていたTシャツが、原爆投下直後のキノコ雲をデザインしたものだったため批判を浴びてもいた。そして、このTシャツ着用問題を協議した結果として、8日になって出演見送りが発表された。こういった注目を集める問題が起きると、とくにその有名人に興味がなくても、持論を強く主張したい人たちが押しかけてくることがある。だから面倒に遭わないように、多くの人が新大久保駅を避けるのではと大人は予想していたのだが、若者たちには関係のないことだったらしい。

「ニュースを見ていないのかもしれないし、理屈よりも、自分たちの感性を信じているんでしょうね。韓国コスメのお店は、若い女の子たちでいっぱいでしたし。だからといって、この混雑はひどい。帰りは新大久保駅を利用するのをあきらめて、地下鉄の東新宿から帰りました」(前出・Aさん)

 新宿区の新大久保駅周辺が、外から遊びにくる人たちで賑わう週末を迎えるのは、今回が初めてではない。2004年にドラマ『冬のソナタ』放送によって第一次韓流ブームが起きた頃、韓流スターのグッズや韓国雑貨、料理店などが急増しコリアンタウン化して多くの韓流ファンを呼び寄せた。その後いったんブームは静まったが、2010年代初めにK-POPグループが日本で人気を集め、第二次韓流ブームがやってきて、新大久保駅周辺に、ふたたび多くの人がやってきた。

 JR東日本は毎年、各駅の乗車人員(※列車に乗った人)トップ100を発表している。東方神起や少女時代、KARAがNHK紅白歌合戦に出場した2011年度には、新大久保駅は4万2千433人と初めて4万人を突破し初めて100位に入った。だが、ブームが去ると新大久保駅の乗車人員は減少し、再び100位圏外に。ところが、2016年度には前年比9.8%増で4万8220人となり、99位になった。

 新大久保駅の前年比増加率9.8は極めて高い数字で、トップ100位内に前年比で5%以上の増加をみせた駅はほかにない。前述のように入場規制になることが増えており、新大久保商店街振興組合は2018年4月にHPで「特に、16時から19時ころの間は、大混雑することがあり、入場規制をすることがあります」と混雑についての注意を呼びかけているほどだ。

 ところが、新大久保駅は大きな問題を抱えている。山手線で唯一、エレベーターもエスカレーターもない駅なのだ。日常的に電動車椅子で移動する新宿在住の50代男性は「ようやく工事が始まった」と言う。

「敷地の権利の問題がややこしかったらしく、なかなかバリアフリー化がすすまなかったのですが、ようやく工事が始まって、2019年度にはエレベーターが使えるようになります。2020年東京五輪までに、駅舎も新しくなるそうです。もともと小さい駅なので、今のように大勢の人が来るとすぐに入場規制になります。なので、少し歩きますが中央線のJR大久保駅は空いていますし、地下鉄の東新宿駅も最寄りですので、私はそちらを利用しています」

 第三次韓流ブーム、第二次K-POPブームはまだ続く気配が濃厚だ。山手線だけが止まる、ホームがひとつだけの新大久保駅では、入場規制がかかる週末がしばらく続きそうだ。