髪を伸ばしたワイルドな風貌は、当時のアイドルとしては斬新だった

写真拡大 (全2枚)

 今年5月に63才という若さで亡くなった西城秀樹さん。それから半年、妻の美紀さん(46)は『蒼い空へ 夫・西城秀樹との18年』(小学館刊)を上梓、「秀樹さんの頑張ってきた日々の記録が、どなたかのお役に立てれば本当にうれしいです」と秀樹の知られざる秘話を明かしている。

 秀樹は戦後10年目にあたる1955年、広島市で生まれた。姉と兄のいる末っ子の秀樹は、タイヤの卸商や雑貨店などいくつもの商売を手がけ、実業家として成功する父と、その仕事の手伝いをいとわなかった母の下で育った。

 音楽好きの父親の影響でバイオリンを習った秀樹は、中学生になると、兄の誘いでバンドに加わり、アメリカの音楽に親しむようになる。高校生になった夏休み、ジャズ喫茶でのアルバイトを始めた。

 そこで、芸能界へとスカウトされる。しかし、両親の大反対を受けた。「音楽は仕事ではなく趣味だ」と怒鳴られ、高校中退ということも認めてくれなかった。

 厳格な父は、芸能界入りはもちろん、上京にも猛反対した。実業家の父からすれば、仕事とはどういうものなのか、誰よりもその厳しさを知っているという思いもあったのかもしれない。

 そのとき、秀樹の味方になったのは、母だった。父親の目を盗みそっと末っ子を東京へと送り出してくれたのだ。

 1971年に上京、所属するプロダクションの社長宅での居候を始め、翌1972年に『恋する季節』でデビューしたのは秀樹が16才の時だった。当時のキャッチフレーズは181cmの長身をアピールするように「ワイルドな17才」。歌声も注目された。

 後に70年代を代表するスターとして、郷ひろみ(63才)、野口五郎(62才)と並んで新御三家と呼ばれる秀樹だが、デビュー当初は苦戦した。

「ほぼ“同期”の3人ですが、甘いマスクでアイドル然とした郷さん、品のあるたたずまいで歌謡界の新星と期待された野口さんと比べ、秀樹さんはキャラクターが定まっていませんでした。そんな中、彼の代名詞である“絶唱系”が浸透していき、1973年に5枚目のシングル『情熱の嵐』で初のオリコンベストテン入りを果たすと、次の『ちぎれた愛』で、初のチャート1位を獲得しました。新御三家で1位を獲ったのは秀樹さんが最初。ここから秀樹さんの人気は新御三家でも突出したものとなっていくのです」(レコード会社関係者)

◆スターへの転換期は貫太郎と『YOUNG MAN』

 翌1974年には『傷だらけのローラ』の大ヒットで、スターの座を不動のものに。さらに同年、ドラマ『寺内貫太郎一家』(TBS系)に出演。作曲家の小林亜星(86才)演じる貫太郎の息子・周平に抜擢されると、俳優としての勘のよさも披露した。

「歌手なのに、けがもいとわない体当たり演技が話題となりました。この作品で知り合った小林さん、樹木希林さん(享年75)、浅田美代子さん(62才)は、彼の一生の友人となりました。小林さんからは1999年にアニメ『ガンダム』の主題歌のオファーをいただきました。このとき、秀樹さんは“ガンダムって面白いの?”というレベルでしたが、周囲が“絶対に断っちゃダメ”と後押しして、実現しました。その後も“おれ、ガッチャマンの曲歌うんだろ?”と勘違いしていましたが(笑い)。

 樹木さんと浅田さんとは、温泉旅行に行ったことも。2人だけで秀樹さんのバリの別荘に行って遊んでいたこともあった。共演者との親交はずっと続きました」(前出・レコード会社関係者)

 1979年には、周囲を説き伏せてアメリカでヒットしていた『Y.M.C.A.』をカバーし、シングル『YOUNG MAN(Y.M.C.A.)』として発表。すると、瞬く間に、全国にあの歌とダンスが広まった。人気番組『ザ・ベストテン』(TBS系)では9週連続1位に輝き、うち2回は9999点の満点をたたき出した。振り付けは、秀樹自身が決めたものだった。

「アメリカ・ロスに行った時、カーラジオから流れる『Y.M.C.A.』に心奪われた秀樹さんが、これを原曲に歌詞を書き換えて作ったんです。レコード会社は“外国曲は売れない”と猛反対しましたが、秀樹さんが“絶対に歌う”と押し切った。結果的に圧倒的な人気を得ました」(スポーツ紙記者)

 1983年、個人事務所を設立。『ギャランドゥ』をヒットさせ、新たなステージへと歩みを進めた。

◆“気配りの人”だった秀樹 歌うときは“自分勝手”

 この頃、秀樹は日本中の女性が熱狂する大スターとなっていたが、私生活では意外な素顔を見せていた。長年秀樹のマネジャーとして連れ添った片方秀幸さんはこうふりかえる。

「私は1984年にマネジャーとして入社したのですが、採用時の面接官が秀樹さんでした。スタジオ収録の合間の楽屋に呼ばれて対面した秀樹さんは、柔和な表情で“この業界ではお茶が欲しいと言われる前にお茶を出せる、そんな気配りと想像力が大事なんだ”と、業界のルールのようなことを説明してくれました。3分程度でしたが、大学を出たばかりのロン毛の若造にも丁寧な対応をしてくれたことに人のよさを感じました。翌日、事務所の方から“秀樹さんも気に入ったようなので、髪を切って明日から来て”と(笑い)」

 マネジャーになって驚いたのは、そのスケジュールだった。朝から始まった仕事は夜になっても終わらず、遅いと午前3時頃まで続いたという。

「秀樹さんはその後に飲みに行くから大変でした。行きつけのバーで出会った人たちと意気投合して朝まで飲んで、起きませんから(笑い)。

 秀樹さんは誰にも分け隔てなく同じ対応をされるかたでした。芸能人より一般の人とよく飲んでいた印象です。寂しがりやだったので、多忙な芸能人より誘いやすい人がよかったのでしょう。とんねるずさんとは彼らが売れる前、ショーパブで働いていた頃からの仲。でもとんねるずさんが売れ始めると、秀樹さんは距離を置くようになりました。彼らの番組に呼ばれた時には、“おれが出るとあいつらが遠慮して面白さが出ないから”と断っていました。いつも相手のことを第一に考える人でした」(片方さん)

“気配りの人”だった秀樹は一転、歌うときは“自分勝手”だったという。

「誰の真似でもなく秀樹さん独特の感性で“いちばんかっこよく歌う”ことができる人。よくロックに日本語を乗せて歌ったハシリだといわれています。なぜ、あんな歌い方ができたのか、本人は近くに岩国の米軍キャンプがあったことで、幼い頃から海外の音楽をラジオで聴けたことが影響している、と言っていました」(片方さん)

 歌えて踊れて、演技もできて、そして長身でハンサム。その上、共演者やスタッフの間でも評判になるほどの人柄のよさ。異性が放っておくはずがない。秀樹には常に、恋の話がつきまとった。

 岩崎宏美(60才)、中村江里子(49才)、長谷川理恵(44才)…多くの女性と交際、そして結婚の噂が飛び交った。特に女優の十朱幸代(75才)との交際は、秀樹の方が13才も年下ということでも注目され大々的に報じられた。しかし、45才になっても独身のままだった。そして、ひとりの女性に出会う。のちに妻となる美紀さんだった。

(文中、敬称略)

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号