女優の水野美紀

写真拡大

 女優の水野美紀(44)の夫で俳優の唐橋充(41)が16日放送の関西テレビ「怪傑えみちゃんねる」(金曜後7・00)に出演。1度もデートをしないまま、水野にプロポーズした裏側について語った。

 2人は16年6月に結婚。昨夏には待望の第1子も授かった。

 MCの上沼恵美子(63)が「1回も食事に行かず結婚した」と2人の馴れ初めについて言及すると、唐橋は「よくご存じで…」とタジタジ。水野が劇団のロゴをイラストレーターとしても活動する唐橋に依頼したことが出会いのきっかけで、4度目の対面で結婚が決まったという。

 ロゴの発注で1度、下書きの確認で2度会う機会があり、運命の4度目はロゴを納品する日。渋谷の小さな喫茶店に水野を呼び出し、「呼び出した理由は『発注を受けていたあなたの劇団のロゴができました』って言って、ロゴを納品しました。終わりました。で、もう会話が終わってしまった。どうしよう大女優だ…ってなって、『最近体調どうですか?』って、当時もお忙しくしてらして、何かあった場合の体の話をしました」と当時の会話の内容を告白。的を射ない内容に上沼は「話を端折っている!」「何を飲んだらそんな話になるの」と指摘しつつも、「何考えているか掴みどころがないところが、セクシーなんですよ」と唐橋の魅力に納得の表情を見せていた。