※宋美玄オフィシャルブログ・ヘッダー

写真拡大

産婦人科医の宋美玄氏が、13日に更新したアメブロで息子についての悩みをつづっている。

宋氏はもうすぐ3歳を迎えるという息子の“ラーくん”について、「2歳になった頃は言葉が遅くて心配しましたが、今はかなりいろいろしゃべります」と説明。「落ち着きがなく、我が強いのでイヤイヤし出すと大変ですが、愛嬌たっぷりなのはミコたんと同じ」と娘と比較してつづった。

しかし、宋氏は「そんなラーくんを、かわいい、かわいいと言って育てた結果…「ラーくん、かしこくてかわいい」と自ら言う子に…」と悩みを告白。「否定する訳にもいかないけど外で言っているのを聞かれると恥ずかしすぎ…」と複雑な胸中を明かした。

さらに、姉を怒らせた際には「ラーくんわるくない。かわいいだけ」と発言するといい、宋氏も「あ、あほや…」と呆れている様子。「3年間可愛がりすぎました」と反省をつづり、「こんな子ほかにいるのかなあ…」とつぶやいた。

この投稿に「自己肯定感ばっちりですね」「萌えますね(笑)3歳は許せる!4歳は、直ることを期待しましょう」「いまだけですよ かわいい発言」「うちの子も一緒です!」などのコメントが寄せられている。