【詳細】他の写真はこちら

別冊少年チャンピオンにて大人気連載中の作品「ダーウィンズゲーム」のTVアニメ化が決定した。

原作コミック「ダーウィンズゲーム」は、2012年より『別冊少年チャンピオン』(秋田書店)にて連載中。コミックス発行部数は累計200万部を突破し、若年層を中心に絶大な人気を誇る話題沸騰中の作品だ。登場キャラクター達による極限異能力バトルを描く本作が映像化によってどのように表現されていくのか。今後の続報に乞うご期待!

このたびティザービジュアルとアニメ化決定PVが解禁となった。ティザービジュアルでは主人公である須藤 要(スドウカナメ)とヒロインの狩野 朱歌(シュカ)の2人が描かれている。またアニメ化決定PVは、原作コミックスの場面を使用した、本作の魅力が詰まった映像となっている。

<FLIPFLOPs先生から、 コメント>

アニメ化!素敵な響きですよね…。読者の皆さんの応援のおかげで、このおめでたい発表が出来ました。私も微力ながら、脚本でお手伝いさせて頂いております。漫画本編ともども、アニメも乞うご期待!です。(深山)

ダーウィンズゲームついにアニメ化ですよ…!テレビ画面の中、所狭しと躍動するカナメやシュカ達を幻視して今から興奮しております!漫画本編も負けない様に頑張らねばと気持ちを新たにしております…!(高畑)



●作品情報

『ダーウィンズゲーム』

アニメ化決定!

<物語>

―予測不能の極限異能力バトル―

平凡な高校生である須藤 要(スドウカナメ)のもとに見知らぬアプリ「ダーウィンズゲーム」の招待メールが届く。アプリを起動させてしまったカナメは、プレイヤー同士が異能を駆使して戦うゲームに巻き込まれてしまう。わけもわからぬまま、襲い来る強力なプレイヤーとのバトルを切り抜け、カナメは生き残ることが出来るのか!?

●原作情報

「ダーウィンズゲーム」

FLIPFLOPsによる漫画作品。 「別冊少年チャンピオン」(秋田書店)にて、 2013年1月号から連載中。 2018年11月8日現在、 単行本は16巻まで発売されており、 累計発行部数は200万部を突破。 予測不能な極限異能力バトルを描く本作品は、 スリル溢れ、 一度読み始めると止まらないと絶賛のストーリー内容、 魅力的なイラストによって多くの読者に愛読されている。

(C)FLIPFLOPs(秋田書店)2013

関連リンク



「ダーウィンズゲーム」公式サイト