「サークレット・プリンセス」種崎敦美ほかライバル役キャスト一挙発表 PV&キービジュアルも公開

写真拡大 (全2枚)

DMM GAMESのブラウザゲームを原作とした、テレビアニメ「CIRCLET PRINCESS(サークレット・プリンセス)」の放送が、2019年1月からスタートすることが決定した。追加キャストも発表され、「魔法使いの嫁」の種崎敦美、「モンスター娘のいる日常」の相川奈都姫、「棺姫のチャイカ」の平井祥恵ら9人が出演することがわかった。

同作は、MR(複合現実)システムを応用したインフラが普及する社会を舞台に、携帯端端末を用いた人気スポーツ「サークレット・バウト」の選手として活躍する女子高生たちの奮闘を描くスポ根物語。このほど発表された追加キャストは、主人公の佐々木優佳が所属する聖ユニオン学園の前に立ちはだかるライバルたちを演じる。

種崎は「サークレット・バウト」の頂点に君臨する黒獅子総合学園を率いる無敗のエース・藤村千景役を、相川は、千景の後輩で彼女に次ぐ実力をもつ日比野貴音役、平井は同じく黒獅子学園の関口サリナ役を担当。そのほか、鷹森学園の部長・杉浦日和を谷口夢奈、同校レギュラーの飯田霞を立石めぐみ、武蔵野急央の部長でチアリーダーでもある常見アキラを近村望実、アキラに誘われて入部したチアリーダーの原アリサを丸山有香、星乃海学院の部長でプライドの高い山内クリスティを藤田彩、永代学園のリーダーで芸能人並みの美貌を誇る芳村薫を櫻井浩美が演じる。

また、優佳と千景が激突する第1弾キービジュアルも公開。ふたりの対決シーンや、優佳や相沢歩、笠原美由紀、黒田怜奈、ニーナ・アヴェリンら、聖ユニオン学園所属選手の日常風景を収録した第1弾プロモーションビデオも公開されている。

さらに、主題歌アーティストも発表された。オープニング主題歌を、PCゲーム楽曲を多数手がける橋本みゆきが、エンディング主題歌を、橋本、佐咲紗花、美郷あき、CooRie、yozuca*、Minamiの6人によるスペシャルユニットが歌う。どちらもタイトルは明らかにされておらず、CDはオープニング主題歌が1月23日に1200円、エンディング主題歌が1月30日に1500円(いずれも税抜き)で発売される。