ダイナミックなスピンを見せる山本草太(撮影・持木克友)

写真拡大

 「フィギュアスケート・NHK杯」(9日、広島県立総合体育館)

 男子シングルSPが行われ、16年ユース五輪金メダリストの山本草太(18)=中京大=が74・98点の6位でスタートした。次世代のホープとして期待される中で2年前に大けがを負ったが、ブランクを乗り越えてのGPシリーズ初出場となった。山本は「目標にしてきた楽しんで滑るということはできた」と胸をなで下ろした。

 冒頭のトリプルアクセル(3回転半)に成功。連続ジャンプでミスはあったが、3本目の3回転フリップも着氷した。まだ足に違和感が残る中で「しっかりトリプルアクセルの練習はできていた。集中して(ジャンプに)入れた」と一つ階段を上った。

 2014、2015年とジュニアGPファイナルで表彰台に上がり、16年にはユース五輪で金メダルを獲得。平昌五輪出場も視野に入っていた16年3月に右足首を骨折した。その後も骨折を再発し、3度の手術も余儀なくされた。一時は引退を覚悟したが、必死のリハビリで昨季リンクに復帰した。

 今大会にともに出場する宇野昌磨、佐藤洸彬とは2015年の世界ジュニア選手権にともに出場した仲間だ。「レベル的に離れたなという実感はあるけど、たくさん刺激をいただいている。少しでもついていかないといけない」と山本。「(自分は)何もプレッシャーがない選手。プレッシャーがない分、楽しみたい」とフリーへ意気込んだ。