病院職員の自殺が過労死認定 26日間連続の勤務などが原因

ざっくり言うと

  • 北関東の国立病院に勤めていた男性職員が、2016年に自殺した
  • 国の労働保険審査会は、男性職員の自殺を過労死と認定した
  • 月154時間の時間外労働や、26日間連続の勤務などが原因だったとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング