東京税関は9日、課長補佐級の40代男性職員が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で逮捕、略式起訴され、東京簡裁から罰金60万円の略式命令を受けたと発表した。

 職員は同日付で停職6カ月の懲戒処分とされ、辞職した。

 税関によると、職員は3月、埼玉県内のホテルで、インターネット交流サイト(SNS)上で知り合った少女に現金2万5000円を渡してみだらな行為をしたという。