ザルツブルクの南野拓実【写真:Getty Images】

写真拡大

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節の試合が現地時間8日に行われ、ノルウェーのローゼンボリとオーストリアのザルツブルクが対戦。日本代表FW南野拓実のハットトリックなどによりアウェイのザルツブルクが5-2で勝利を収めた。

 南野は前半6分、ゴール前でパスを受けて先制ゴールを記録。19分にも後方からの浮き球ロングパスにダイレクトで合わせて2点目を加えた。前半終了間際にもチームの4点目となるゴールを決め、敵地での快勝の立役者となった。

 ELの前身であるUEFAカップの予選にあたる形で開催されていたインタートトカップでは2002年にフラムの稲本潤一がハットトリックを記録したことがあったが、本戦にあたる大会では日本人選手で初の快挙。クラブ公式サイトは試合後の南野のコメントを伝えている。

「もちろん、僕にとって大きな1日になりました。何より自分のゴールでチームを助けることができましたので。UEFAの大会で初めて3点を決めた日本人になったことはすごく誇らしく思います」と南野は語った。

 ザルツブルクはこれで今大会4戦4勝。残り2試合で勝ち点1を獲得すれば決勝トーナメント進出が決まる。

text by 編集部