世界で初めてiPS細胞をパーキンソン病患者の脳に移植 京都大学が発表

ざっくり言うと

  • 脳の神経細胞が減少することで起きる難病「パーキンソン病」
  • 京都大学が、iPS細胞から作った神経細胞を世界で初めて患者の脳に移植した
  • 国内に約15万人の患者がいるとされるが、根本的な治療法は見つかっていない

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング