ナンバリングタイトルはもちろん『テリワン』も! ドラクエシリーズ“歴代ラスボス”全10体を徹底解剖

写真拡大

 敵を倒し、世界を救う。勧善懲悪の王道RPG『ドラゴンクエスト』シリーズには、物語のラストを飾る、強力な「ラスボス」の存在が欠かせません。

 本記事では、ななききさん投稿の『【ゆっくり解説】ドラクエの歴代ラスボスたち』にて、今月7日にスマートフォンアプリとしてリメイク版が配信された『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』を含む、ドラクエシリーズの「ラスボス」について解説された内容を、画像を交えてご紹介いたします。

【ゆっくり解説】ドラクエの歴代ラスボスたち

【ゆっくり解説】ドラクエの歴代ラスボスたち【任天堂岩田社長】ハル研究所再建星のカービィ編【ゆっくり解説】 『ドラゴンクエスト』りゅうおう

 1986年発売、『ドラゴンクエスト』ラスボス「りゅうおう」。魔王を封じていた光の玉を奪い、アレフガルドを征服しようとした、記念すべき初代ラスボスです。戦闘前の「自分の味方になれば“世界の半分”をやろう」という問いかけはあまりにも有名ですね。

 戦闘面では、最初は魔法使いのような姿で戦い、勝利するとドラゴンの姿に変身します。行動は、攻撃と炎を吐くだけのシンプルなものですが、主人公一人での戦闘の上に、後のシリーズではおなじみの補助系の魔法などもないため、純粋に「レベルを上げて物理で殴る」ことが攻略法になります。

 ちなみに、りゅうおうは『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』で勇者に光の玉を託した、竜の女王の子孫であると公式で明言されています。元々は魔物と対立する側だったのに、なぜ闇落ちしたのか、どうやってアレフガルドに来たのかなどは、未だに謎のままです。

『ドラゴンクエストII』シドー

 1987年『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』ラスボス「シドー」。シドーは“魔王”ではなく、破壊を司る“神様”です。悪霊の神々を崇拝する、邪教の教祖・ハーゴンが、自らを生贄にして、現世に召喚します。その姿は、6本の手足に巨大な翼、尻尾にウロコ、たらこ唇と、なんとも言い難い形状をしています。

 作中では、前座であるハーゴンが悪の親玉として語られ、シドーの存在はギリギリまで伏せられているのですが、実は、ゲームのパッケージや攻略本で、でかでかとネタバレされています。

 シドーは、ハーゴンを倒し、帰ろうとしている勇者たちに、いきなり襲い掛かってきます。攻撃・守備力の数値は共に「255」と、ゲームの上限値に到達している上、体力を全回復する呪文「ベホマ」を使ってきます。そのため、シドー戦では相手がどれだけベホマを使わずにいてくれるか、にかかっています。

 歴代でも屈指の難易度とされる、オリジナル版『ドラクエII』ですが、その象徴ともいえるラスボスですね。

『ドラゴンクエストIII』ゾーマ

 1988年『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』ラスボス「ゾーマ」。敵対する精霊ルビスを封印し、「おうじゃのけん」を破壊して、アレフガルドの世界を完全に支配していました。そして、万全を尽くした上で、部下のバラモスを使い、世界の侵略を始めるなど、他のボスにはない思慮深さや大物感もあります。

 戦闘では、はじめは闇の衣をまとった状態で登場します。この状態のゾーマは、歴代でも最強格の強さを持ち、まともに戦うと全滅は必至です。「ひかりのたま」というアイテムを使うことで、ゾーマが弱体化し、ようやくまともに戦える強さになります。さらに、後の作品で強ボスの定番技となる「いてつくはどう」の元祖でもあります。

 ちなみに、余談ですが、ゾーマには没設定となった“第二形態”も存在します。

『ドラゴンクエストIV』デスピサロ

 1990年『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』ラスボス「デスピサロ」。元々は「ピサロ」という、人型をした魔族の青年でしたが、「エスターク」の生み出した「しんかのひほう」という技術を使い、この化物のような姿に変身します。

 このデスピサロは、初めて背景設定が深く語られたラスボスで、「ロザリー」というエルフの恋人を人間たちに殺されたことがきっかけとなり、人間への憎しみだけで行動するようになります。このような、ラスボスの目的や過去が語られるのは珍しく、シリーズの中でも異質のラスボスとなっています。

 戦闘では、実に6回もの形態変化を持っています。初めはエスタークと同様の姿から始まり、徐々に緑色の巨人の姿に変わっていきます。リメイク版では、全形態を合わせて12,300という、驚異のHPを持っています。

『ドラゴンクエストV』ミルドラース

 1992年『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』ラスボス「ミルドラース」。魔界を支配している魔王で、主人公の母・マーサに魔界と人間界を繋げさせ、人間界に攻め込もうとしていました。

 戦闘面では、強力な呪文やブレスを使い分け、特殊な行動はしないもののシンプルに強いキャラとなっています。とはいえ、デスピサロやシドーと比べると、それほど苦戦を強いられる強さではありません。

『ドラゴンクエストVI』デスタムーア

 1995年『ドラゴンクエストVI 幻の大地』ラスボス「デスタムーア」。現実の世界と夢の世界、両方を支配しようとした魔王です。脅威となる施設を、部下の魔王たちに命じて封印させ、自身は安全な“はざまの世界”で準備を進めるなど、過去作のラスボス・ゾーマやミルドラースと共通する部分が見受けられます。

 戦闘では、老人、筋骨隆々の怪物、そして両手と顔だけの姿と、全く系統の違う、3種類の姿で戦います。特に第三形態は、両手と本体がそれぞれ別々に攻撃をしかけ、さらに、「どうせ両手から倒すと復活するのだろう」と本体から倒すと、左手が復活呪文「ザオリク」を使うという、恐ろしいギミックを持っています。

『ドラゴンクエストVII』オルゴデミーラ

 2000年『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』ラスボス「オルゴデミーラ」。変身前と変身後で姿が大きく異なる、非常に特徴的な外見の魔王です。その実力はトップクラスで、ゲーム開始時点で、神様と精霊たちを倒し、世界のほぼ全てをすでに征服し終えています。

 戦闘面では、徐々に体が腐敗していくという、かなり衝撃的な変身をします。その回数も3回と多めで、変身ごとに耐性や攻撃方法も大きく変わるため、かなりの長期戦を強いられることでしょう。

『ドラゴンクエストVIII』ラプソーン

 2004年『ドラゴンクエストVIII 空と海と大地と呪われし姫君』ラスボス「ラプソーン」。混沌の世界を作ろうとした、邪悪な神です。巨大な姿をしていますが、これは「暗黒魔城都市」という、本作のラストダンジョンを取り込み、巨大化したためです。

 取り込む前は、丸い球体のような可愛らしい姿をしているのですが、同一キャラとは思えないほど容姿が異なります。

 ちなみに、戦闘面では見た目の割にHPが5,600程度と少なめです。

『ドラゴンクエストIX』エルギオス

 2009年『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』ラスボス「エルギオス」。元々は人間を守る天使でしたが、「愛していた人間の女に裏切られたと勘違いし、闇落ちした」というキャラクターです。

 大魔王や邪神が占めるボスの中でも、かなり異質な存在であり、大型形態などの変身も持たないというラスボスです。

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』ミレーユ

 1998年『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』ラスボス「ミレーユ」。ゲームボーイで発売された、後にシリーズ化されるモンスターズシリーズの、記念すべき第一弾です。

 主人公は、『6』の仲間キャラである「テリー」の子供時代で、ラストバトルでは、同じくモンスターマスターとなっていた姉・ミレーユと、大会の決勝で戦うことになります。ミレーユが連れているモンスターは、左から「メタルキング」「コアトル」「にじくじゃく」という、各系統の上位モンスター3体です。

 いかがでしたでしょうか。

 『ドラクエ』をプレイする際、なくてはならない「悪の親玉」の存在。最後に待ち受けるラスボスたちは、どれも個性豊かで強力なモンスターたちでした。

 なお、動画ではナンバリングシリーズのほか、『トルネコの大冒険』や『スライムもりもりドラゴンクエスト』など、外伝系ゲームのラスボスについても解説されているので、ぜひご覧ください。

【ゆっくり解説】ドラクエの歴代ラスボスたち

―あわせて読みたい―

・ドラクエの思い出を語らないか? 「ロンダルキアへの洞窟を抜けた安堵感」「3購入者の大行列」「永遠に解決しない“ビアンカ or フローラ問題”」

・『ドラゴンクエスト3』は「プレイヤーが報われた気持ちになれる」ゲームである 面白さの秘訣はテキストに込められた“温かな人間味”にあった