第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」より/ (C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

写真拡大

テレビアニメ「やがて君になる」第6話の先行カットとあらすじが到着しました。

第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」より/ (C)2018 仲谷 鳰/KADOKAWA/やがて君になる製作委員会

<第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」あらすじ>試験が終わり、久しぶりに生徒会室に集まった一同。滞りなく会議は終わったのだが、生徒会劇の準備は脚本をどうするかで困っていた。せっかくだからオリジナルの劇を作りたいという燈子は、脚本が書ける人に 心当たりがないか皆に問いかける。侑は心当たりがあるものの、その場では「誰もいない」と取り繕ってしまう。その様子を訝しんだ沙弥香は…。

第6話「言葉は閉じ込めて/言葉で閉じ込めて」は、11月9日(金)21時30分からAT-Xの他、TOKYO MX、サンテレビ、KBS京都、テレビ愛知、TVQ九州放送、BS11で放送。また、11月9日(金)22時からdアニメストアなど、各配信サービスで配信されます。

また、11月17日(土)16時00分から、Abemaアニメ2チャンネルにて第1話〜第6話の一挙振り返り放送が決定。放送後1週間はAbemaビデオで無料視聴が可能です。

本作は、累計50万部を突破する恋愛漫画をアニメ化。人に恋する気持ちがわからず悩みを抱える小糸侑と、誰に告白されても相手のことを好きになれない燈子。侑が燈子に悩みを打ち明けたところから、誰にも言えない、ふたりだけの特別な関係が始まります。(WebNewtype)