映画『グリンチ』本ポスタービジュアル(C)2018 UNIVERSAL STUDIOS

写真拡大

 12月に公開されるアニメーション映画『グリンチ』から日本語吹替え版本予告と、ポスタービジュアルが解禁。公開された予告編では、グリンチの悪だくみの全貌が明らかになっている。

【写真】『グリンチ』フォトギャラリー

 絵本作家ドクター・スースの名作『グリンチ』を、人気キャラクター「ミニオン」を生み出したイルミネーション・エンターテインメントがアニメ化する本作。劇中では、洞窟の中で暮らし、愛犬マックスの献身的な愛にもぶっきらぼうに対応するひねくれ者のグリンチ(声・大泉洋)が、村中のみんなが楽しみにしている“クリスマス”を盗むという、とんでもない計画を立てる姿を描く。

 このたび公開された映像は、大泉や秋山竜次(ロバート)、横溝菜帆らが出演する日本語吹替え版の予告編。予告編の冒頭で、グリンチがクリスマスを憎むようになった経緯が描かれると、見事にサンタクロースに変装したグリンチが自ら開発したハイテクな道具を駆使して、村からクリスマスを大胆かつコミカルに盗んでいくシーンが登場。さらに盗んだクリスマスのプレゼントやツリーを積み込むためにさまざまな仕掛けが施された最新型の超高性能ソリと、それを引っ張るグリンチの愛犬マックスの姿も確認することができる。

 また予告編と併せて公開されたポスタービジュアルは、巨大なツリーをはじめとするクリスマスの飾り付けや暖かな灯りで彩られた村を見下ろすグリンチの後ろ姿が描かれている。

 映画 『グリンチ』は12月14日より全国公開。