西内まりやインスタグラム(@mariya_nishiuchi_official)より

写真拡大

 10月31日、西内まりやがハロウィン用のコスプレ姿を自身のInstagramにアップ。顔には痛々しい傷の特殊メイクがいくつも施されているが、「どんなメイクをしていても、かわいさは隠しきれない」「美人は何をやっても見栄えがいい」などとファンから絶賛の声が相次いだ。

「西内が披露したのは、ホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズの主人公で、ブードゥー教の秘術によって殺人鬼の魂が乗り移った人形・チャッキーのコスプレでした。オレンジ色の髪の毛に顔の傷、青い瞳にオーバーオールというビジュアルを再現しつつ、顔には満面の笑みを浮かべ、ギャップ萌えを演出しました。かつて女性誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルとして活躍していただけに、『見せ方が上手い』『ビジュアルから演出まで、一般人とはレベルが違う』などと賞賛する声が多いですね」(芸能関係者)

 今年3月末に事務所を退社し、7月に再スタートを切って以降、コンスタントにInstagramに画像を投稿しファンを楽しませる西内だが、先月12日にはミュージシャン・YOSHIKIとのツーショットをアップし、歌手業復帰を期待するファンの声もネット上では見られた。

「西内は、東京・原宿で行われたファッションブランド『イヴ・サンローラン』のイベントに参加し、YOSHIKIのピアノ生演奏を鑑賞したようです。7月に復帰宣言後、モデル活動はいくつかこなしている西内ですが、女優や歌手と多方面で活躍した以前と比べればまだスローペースといった印象のため、『そろそろ美声を聴かせて!』『YOSHIKIプロデュースで新作リリースしてほしい』などと、ファンは盛り上がっているようです」(同)

 西内は昨年1月、最もジュエリーが似合う著名人に贈られる『日本ジュエリーベストドレッサー賞』の授賞式に出席した際、YOSHIKIプロデュースの着物ブランド『YOSHIKIMONO』の衣装を着用したため、今回の投稿では「また着たいな。」とのコメントを書き込んだ。再び晴れやかな舞台でのお披露目を期待したいところだ。