メルセデスベンツ マイバッハ GLS スクープ写真

写真拡大

メルセデスベンツの超高級車ブランド「マイバッハ」にSUVが初設定される。メルセデスベンツ『GLS』をベースとした『マイバッハGLS』開発車両をカメラが初めて捉えた。

マイバッハは、特別注文により最高水準の技術とクラフトマンシップを実現したブランドで、旗艦サルーン『Sクラス』にも設定されている。同ブランドは、2018年4月の北京モーターショーで、高級SUV「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ・アルティメット・ラグジュアリー」を初公開しているが、その市販モデルではない。あくまでもフラッグシップ・クロスオーバーSUV、『GLS』のマイバッハ・バージョンとなる。

エクステリアでは、ヘッドライト&テールライトにGLSと同じデザインが採用されるが、マイバッハ・クロームグリル、専用のエアインテークや前後バンパー、ホイールなどが装備されるはずだ。

予想されるパワートレインは、AMG製の4リットルV型8気筒ツインターボエンジンと、『S560e』から流用される3リットルV型6気筒エンジン+電気モーターのプラグインハイブリッドで、最高出力は500psを発揮する。

気になる価格だが、15万ユーロ(約1900万円)と予想されており、これは『レンジローバーLWB』と同レベルで、ベントレー『ベンテイガ』の20万ユーロ(約2500万円)と比較してもリーズナブルと言える。ちなみにロールスロイスが発売した超高級SUV『カリナン』は3800万円と発表されている。

ワールドプレミアの場は、最短で11月のロサンゼルスモーターショーだが、2019年以降が有力だろう。